那覇マラソン2013の日程は?コース・制限時間対策はコレだ!


今年で27回目を迎える那覇マラソン!
エントリーはちゃんと済ませられましたか?

私は無念にもエントリー忘れという大失態><

かわりに東京マラソンに申し込みしておきました。
(受かっててくれよ~!)

っていうのは置いといて、

那覇マラソンは東京マラソンが出来る前は
国内最大といってもいい?ぐらいのマラソン大会
です。

なので歴史もあり、終わったあと観光もできるので
とても人気のある大会です♫

そんな那覇マラソンですが、当日は気温20度を越すので
マラソンとしてはかなり過酷なコンディション!!

そして、制限時間も初心者にはけっこうきつく、
毎年ゴール手前で門が閉まる【最終関門】が名物になっています!

↓5:07~から徐々に門が…

最終関門の餌食にならないためにも、
前もってコースや制限時間について熟知することが大切です!

そんなわけで、今回は那覇マラソンのコースや制限時間について
詳しくご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

那覇マラソンの日程などの概要は?

・日程

  2013年12月1日(日)午前9時スタート(雨天決行)

・参加定員

  25000人

・制限時間

  6時間15分

・開会式

  2013年11月30日(土)13時30分~(県立武道館アリーナ棟ステージ)

・受付

  2013年11月30日(土)13時~20時(県立武道館アリーナ棟)

↓那覇空港のすぐ傍です!

県立武道館アリーナを大きな地図で見る

那覇マラソンのコースは?


より大きな地図で NAHAマラソンコース を表示

・スタート

  国道58号線明治橋交差点   9時スタート

・ゴール

  奥武山陸上競技場      15時15分までにゴール

那覇市の奥武山(おおのやま)公園の奥武山陸上競技場近くからスタートし、
4つの市町をグルっと回って一周するコースになっています。

道中では沖縄名物のサーターアンダギーを
配ってくれるおばさんがいたり、沖縄民謡が聴こえてきたり
します♫

どこか本州の雰囲気とは違うところも
那覇マラソンの良さですね~。

コースで気をつけるべきポイントは?

・中盤の激しい坂

2013y08m07d_145013668

那覇マラソンでは前半から中盤の10キロ~20キロにかけて
激しい坂
が続きます。

特に10~11、18~20キロにかけては合わせると
高低差80mもあるので、ここが一つの山場
と考えていいでしょう。

ここはどうしても失速してしまうので、
それまではなんとか一定のペースで走れると、
制限時間にも引っかからないと思います。

その後はゴールまでほとんど平坦か下りなので、
ここまでを大事に走りたいです。

・制限時間がある場所

今回の制限時間のポイントは3つあります。

①21.3km制限地点(平和祈念公園中間地点) 午後12時15分
②33.1km制限地点(阿波根交差点) 午後2時
③ゴール手前  午後3時15分

※ゴール手前は運営の慈悲で延長があったりします^^

やはりいちばん大事なのは上記でも触れましたが、
21.3キロ地点
です。

ここまでを1キロ8分30秒ペースで走れれば
制限時間には引っかかりません。

といっても後半はどうしても失速するものなので、
8分前半でいきたいところですね。

ぎりぎりで走っていると後ろからバスが
追いかけてくるのでバスに負けないようにがんばりましょう!

最後に

通常のマラソンと違って暑い中でのマラソンで、
制限時間も厳しいので初心者ランナーの方には辛い
大会です。

なので、まだ時間があるうちにしっかり対策立てて、
6時間15分の壁に捕まらないようにしましょう!

この時間で走るためには、
最低でも前の月の11月には月間100キロぐらいは必要です。

また大会までに疲れを残さないことも大事です。

しっかり追い込んだあとは
疲れを次の日に残さないために、アミノ酸が大事です!

私もよく大事なときに飲んでいますが、練習後や大会当日に飲むと
すぐに吸収されるのでとってもおすすめ
ですよ♫




スポンサードリンク


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

コメントを残す

サブコンテンツ