甲子園 2013 優勝候補はココだ!


暑い夏。

この時期になるとなぜだか高校球児がグラウンドで
汗を流している姿が思い浮かびます。

甲子園も朝から中継しているので
子供の頃からよく見たものです^^

でも、なんとなく見るよりも
どうせなら優勝候補のチームとか
有力選手を抑えておいたほうが楽しい
ですよね♫

それに日程も確認しておかないと
決勝を見逃した!!なんてことも(^_^;)

なので、今回は甲子園2013の優勝候補や
日程について
ご紹介したいと思います!

それでは、プレイボール!

スポンサーリンク

2013夏の甲子園の日程や組み合わせは?

a0002_000366

今年の夏の甲子園は8月8日から8月22日までの
15日間
の日程で開催されます。

この日数に関しては特に変わったところはありませんが、
今回は準々決勝と準決勝の間が休養日ということになっています。

そのため、8月20日は試合が行われないので、
朝TVの前で待っていても始まりませんよ^^

これで、準々決勝⇒準決勝⇒決勝と3連戦することがなくなったので、
選手の負担も少なくなりました♫

次に組み合わせのことですが、今回から初戦のみ抽選で決定し、
その後は各試合終了後に対戦相手はその都度抽選を行うそうです。

なので毎回どこに当たるのか予想がつかないので
かなりスリリングな展開に!!

抽選自体は8月5日に行われ、
公式サイトで発表されますのでそちらをご確認ください。

⇒第95回全国高等学校野球大会の公式サイトはこちら

2013夏の甲子園の優勝候補はココだ!

①浦和学院高校(埼玉)

今年の甲子園優勝候補の筆頭はやはりこの学校です!

ついこの前行われた春の選抜甲子園では、
決勝で17-1という大量得点で優勝
しています。

↓5回裏に7点、8回裏に8点と猛打を見せた

これだけ聞くと、打撃の爆発力がすごいところなのかな?
と思うかもしれませんが、守備もすごいんです!

地方大会では1試合の平均失点が0.8点と
圧倒的な守備力
を誇っています。

間違いなく決勝戦まで昇ってくるでしょう!

②済美高校(愛媛)

こちらも春の選抜で決勝まで残ったチームです。

なんといってもすごいのは安楽投手。
プロ顔負けの157キロの豪速球が武器です!

ただ、打力に関してはいささか平凡であると
言わざるを得ないので安楽投手の投球しだい
になりそう。

地方大会ではほぼすべてを安楽投手が投げ抜いているので
タフであるのは確実です。

夏の甲子園でどこまで持つか…。

ぜひ決勝戦で春の雪辱を果たしていただきたいです!

③横浜高校(神奈川)

横浜高校と言えばあの松坂大輔さんなどを
輩出した名門校ですね!

神奈川は県大会でも激戦区なのですが、
その中で実力校の松蔭学園や東海大相模、桐光学園などから
勝ち進み、一躍優勝候補に
躍り出てきました。

特に大注目されていた松井投手がいる
桐光学園から勝利をもぎ取ったのが高評価
です♫

松井投手のスライダーはボールが消える!?
とか言われるぐらいの球だったのに^^;

この勢いで甲子園優勝もとっちゃうかも!

※その他有力校

・仙台育英

甲子園の常連校!春の選抜ではベスト8でした。
キャプテンの上林外野手が肉離れのため出場できるどうか不安ですね。

・大阪松蔭

長打力が光るチームですね。

ただ、犠牲フライや盗塁など機動力にかけるので、
長打が出なかった時の対処しだい。

最後に

優勝候補予想はいかがでしたか?

私の予想と同じだ!とか
全然自分の予想と違う!とか

いろいろ意見はあると思います。

私自身完全に全チームの良さを把握しきれていないので、
抜けがあったら申し訳ありません><

もし、「このチームが優勝すると思う!」
等ご意見ございましたら↓にコメントしていただければ幸いです。

では最後までご閲覧ありがとうございました!




スポンサードリンク


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

コメントを残す

サブコンテンツ