喪中はがきの文面はどうする?


a1180_005279


喪中ってよく耳にしますが、
はがきはいつ出せばいいのかわかりますか?

「そんなのすぐに出せばいいんじゃない?」

なんておっしゃる方もいるようですが、
何事も適切な時期というものがあるものです!

早すぎるといざ年賀状書くときに
相手方が忘れてしまうこともありますしねw

ということで、今回は喪中はがきはいつ出すべきで
文面はどうするのか?

などについてご紹介したいと思います。

喪中はがきはいつ出すべきか?

喪中はがきは一般的に12月上旬までに届けるものです。

こうすることで相手が年賀状をすでに書き終えていた!!
なんて事態もなくなるでしょう。

これよりも早くてももちろんいいのですが、
夏なんかに出したら暑中見舞いと勘違いしてしまうでしょう。

なので、早くても11月あたりからにしたほうがいいですね!

喪中はがきを出す相手はどうするか?

Print


喪中はがきを送る相手は今まで普通に年賀状を
やりとりしていた相手になります。

ただ、ビジネス関係の場合など故人と面識が
ない相手の場合は喪中はがきを送らないケースが多い
です。

この場合年賀状を通常通り送るか、
年明け後の寒中見舞いを送るパターンがありますね。

寒中見舞いの場合は1月8日~節分までに届くように気をつけましょう!

故人と送る相手の関係をよく考えてから出すといいですね。

喪中はがきの書き方はどうする?

喪中はがきの書き方に決まった形式はないです。

ただ一般的には、

喪中で年賀の挨拶ができない旨と誰が亡くなったのか

付き合っていただいた感謝や相手の無事を祈る言葉

日付



で書く場合が多いですね。

(文面例)

喪中につき年頭のご挨拶をご遠慮させていただきます。
◯月に父◯◯が◯◯歳にて永眠いたしました。
ここに本年中に賜りましたご厚情に感謝致しますとともに
明年も変わらぬご厚誼のほどよろしくお願い申し上げます。
平成◯◯年◯◯月

まとめ

挨拶文となるとなぜかカチコチに
凝り固まった形式にとらわれてしまいがちです。

確かに形式というものは大事かもしれません。

でも、そこにばっかり目がいってしまって
肝心の自分の気持ちがおろそかになってしまったら
意味がないですよね^^;

あまり思い入れがないのに
なんとなく送るというのも失礼
な話です。

喪中はがきを送る際は上記を読んでから
よ~く考えて書くようにしましょう!




スポンサードリンク


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

コメントを残す

サブコンテンツ