インフルエンザ予防接種の時期は?2013-2014はいつ受けるべきか?

インフルエンザってよく冬場に流行しますよね。

009299

でもいつ予防接種をすればいいのか御存知ですか?

実は流行るよりもかなり前にインフルエンザ予防接種を受けないと
間に合わない場合があります。

それにワクチンの数も限られている場合があるので、
遅くなると受けられないなんてことも!?

今回はそんなことにならないために、
2013年から2014年の間のインフルエンザ予防接種の、
適切な時期や回数について
確認しておきましょう!

スポンサーリンク

予防接種の適切な時期はいつ?

適切な時期については専門家によって意見が変わるようですが、
大体12月上旬までに接種するのがオススメです。

もちろんそれよりも前に予防接種を受けてもいいのですが、
あまり早いと春先に流行した場合、効果が持たない場合もあります。

というのも、インフルエンザワクチンは接種から2週間で効果が出て、
約5ヶ月間効果が持続する
と言われているからです。

でも、受験生の場合は冬の入試が集中する時期にかからなければいいので、
予防接種が始まる10月中旬に受けてもいいと思います。

予定していた時期にインフルエンザ予防接種を受けようと
していたのに、体調不良で時期がずれこむなんてこともありえますしね。

逆にインフルエンザにかかると重病化しやすい乳幼児や高齢のかたは
11月後半から12月上旬頃がいいのではないかと思います。

スポンサードリンク

予防接種の適切な回数は?

「え?予防接種って普通1回じゃないの?」
と思ったのではないでしょうか?

実は最近の論文の見解では成人の場合1回の接種よりも
2回行ったほうが予防効果は高いと予防効果は高いと言われています。

※予防効果

1回接種時:64%
2回接種時:94%


これは体内に抗体が作られる確率のようで、
予防接種をしてもインフルエンザにかかることはあるようです。

12歳以下の子供の場合は免疫力が低い可能性が高めなので、
2回受けておいたほうがよさそうですね。

その他にも喘息などの持病を抱えている方や、
受験生などの絶対に休めない方も2回受けておいたほうが安心です。

詳しくは内科の先生にご相談してみてください。

最後に

備えあれば憂いなし

予防接種を受けたからといってそれだけでは確実ではありません。

流行する1~3月の時期はなるべく人混みに
近寄ったりはしないように
気をつけましょう。

また、のどの乾燥が一番いけないので、
マスクなどで常にのどを潤った状態にしておきたいですね。

こんなすごい装備なら人混みでもおkかも…?

また、国立感染症情報センターで11月になると
2013年や2014年のインフルエンザの流行レベルがMAPで確認できるのでを便利ですよ^^

→流行レベルMAPはこちら




スポンサードリンク


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

コメントを残す

サブコンテンツ