羊毛フェルトで猫を作ってみた!

今回も羊毛フェルトで動物シリーズ!
かわいらしいちゃんを作ってみました♪

高さ10cm、長さ11cmの茶色い猫です(・∀・)

22

作ってみた感想としては、
色をつける工程に時間が掛かりました(;´∀`)

また四つ足で立たせるため途中何度か確認しても、
体を刺しているうちに足の長さが変わり真直ぐ立てなくなったり…ぐぬぬ。

そんな感じでいくつかつまずきやすいポイントがあります!

なので、今回は私自身の失敗から学んだ作り方の順番と、
もしバランスが悪くなった場合の修正の仕方もご紹介しようと思います\(^o^)/

製作時間は約8-10時間。


今回も早速材料を見ていきましょうb

【材料】

  • 羊毛フェルト(白)・・・約20グラム
  • 羊毛フェルト(茶)・・・約15グラム
  • 羊毛フェルト(ピンク)・・・少量
  • ニードルわたわた(フェルト白で代用可)・・・約5グラム
  • プラスチックの目・・・4mmを2個
  • 透明な糸0.6mm(もっと細くてもOK)・・・30cm


【用具】

  • フェルティング用マット(机を傷つけないためマットの下に新聞など敷きましょう)
  • ニードル
  • ボンド
  • 爪楊枝
  • 刺繍針
  • 裁縫バサミ
スポンサーリンク

羊毛フェルトの猫の作り方は?

【作り方01】

01

顔から作ります。

直径約3cmのボールと
縦2.5cm横1.5cmの楕円のボールを作ってください。

直径3cmのボールは硬く作ってください。

3cmのボールの上に楕円ボールを乗せて、
周りをニードルで刺して付けてください。

【作り方02】

02

顔の凹凸を作ります。

まず楕円ボールが付いた上の部分に 目の位置を決め、
そこをニードルで何度も刺してへこませます。(黒い線の部分です)

それから鼻の部分を作るため、
左の目の窪みから下の方向へニードルを刺し進ませ
楕円ボールの中央まで来ます。

今度は右目の窪みから下の方向へニードルを刺し進ませ、
楕円ボールの中央で先ほどの線とつなぎます。(赤い線の部分です)

【作り方03】

03

鼻の下にニードルで刺して筋を付けます。(黄緑色の線です)

【作り方04】

04

鼻の下までが上あごになるため、
頭をひっくり返し上あごをニードルで刺して平らにします。

上あごの大きさに合わせて、下あごを丸く平たく作ってください。

【作り方05】

05

下あごを付けました。

【作り方06】

06

耳を茶色で、中はピンクで作りましょう。

写真ではここで耳を付けていますが、
実際は【作り方10】の足を付けた後にバランスを見ながら耳も付けましょう。

【作り方07】

07

鼻の部分はピンクのフェルトを付けてください。

【作り方08】

08

胴体、足4本、しっぽを作ります。

前足よりも後ろ足の方を少しだけ太く長くしてください。

そして関節の部分を最初から曲げておいてください。

【作り方09】

09

頭と胴体を付けます。

そのままでは付けづらいですから、
少量のフエルトを平たく丸めたものを首兼接着剤として先に頭(下あご)に軽く付けます。

それから頭と首を一緒に胴体へ付けます。

【作り方10】

10

足を付けます。

胴体の横側からニードルで刺して付けてください。

4本とも付けます。しっぽも付けてください。

【作り方11】

11

体の肉付けをします。

ニードルわたわたをちぎり、足を付けた胴体の横の部分は膨らむように、
後ろ足の根元は太くし、また頭から背中にかけては滑らかなラインが出るように足してください。

【作り方12】

12

茶色い色をのせます。

茶色い羊毛フェルトを短く少量出し、
両指で5回ぐらいちぎってください。
(繊維の方向を消すためです)

それから少しずつ薄くのせて軽く刺してください。

※わた状のフェルトをお使いの方は直接ちぎってのせるだけでいいです。

【作り方13】

13

顔の目から下と胸と腹、足先だけは白いままにします。

立たせてみると体が傾いています。
 
【作り方14】

14

横向きにすると耳が後ろに付きすぎていて、
また体の色が均一になっていません。

※修正の必要が無い方は【作り方15】へ進んでください。

スポンサードリンク

バランスが悪くなった場合の修正の仕方!

【修正1】《耳の位置の修正》:耳を手でそっと引っ張り抜きます。

15

【修正2】《耳の位置の修正》:耳の位置を前に移動して付けました。

16

【修正3】《耳の位置の修正》:元の耳の場所がへこんでいますから茶色いフェルトを埋め込み平らにします。

17

【修正4】《足の長さの修正》:足の長い部分をハサミで切り落とします。

18

【修正5】《足の長さの修正》:白いフェルトで足先を作り切った部分に足してください。

19

【修正6】《体の色の修正》:まだらだった茶色い体に、
上から少量のフェルトを薄くのせて浅く刺し、均一にします。

20

猫の作り方の続き

【作り方15】

21

針でひげを付けます。

ひげが抜けないように根元をボンドを付けて固定するか、
ニードルで刺して固定します。

ひげは適当な長さに切り揃えます。

【作り方16】

22

太いニードルで目の位置に穴を開け、
プラスチックの目の軸にボンドを塗ってから目を差し込みます。

【完成】

26

25

猫の完成です。

最後に

時間は掛かりましたが、
やっと四足動物が立ってくれたので感動です♪

多分一回でキレイな猫さんができることはないかもしれません。
(私の説明があまり上手くないっていうのも…w)

でも、慣れれば必ずかわいい子ができあがるので、
ぜひぜひチャレンジしてみてくださいねb




スポンサードリンク


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

コメントを残す

サブコンテンツ