羊毛フェルトで犬!作り方を画像付きで紹介します♪

今回も羊毛フェルトに挑戦してみました♪
作ってみたのは動物の中でも人気の犬!

リアルな犬は作るのも難しいので、
デフォルメして可愛い感じに仕上げてみました(・∀・)

27

製作時間は約6-8時間

使用した材料は以下のとおりです。

【材料】

  • 羊毛フェルト(白)・・・約20グラム
  • 羊毛フェルト(赤)・・・少量
  • 羊毛フェルト(黒)・・・ごく少量
  • ニードルわたわた(フェルト白で代用可)・・・約5グラム
  • プラスチックの目・・・4.5mmを2個


【用具】

  • フェルティング用マット(机を傷つけないためマットの下に新聞など敷きましょう)
  • ニードル
  • ボンド
  • 爪楊枝
スポンサーリンク

羊毛フェルトの犬の作り方は?

【作り方01】

01

犬の足を作ります。

フェルトを約10cmにちぎり、半分に折ります。
(端のボワボワした部分は含めません)

【作り方02】

02

折った部分をニードルで軽く刺します。

【作り方03】

03

両端を持ち、丸めながら解けないように刺し円柱形にします。

【作り方04】

04

前足が出来ました。

硬い部分は約4cmです。

後ろ足は0.5cm程長く作りたいので、
フェルトを11cmにちぎって同じように、
または若干太く作ってください。

【作り方05】

05

頭、胴体、しっぽも作ってください。

特に胴体はフェルトをきつく巻いてニードルをしっかり刺して硬く作ってください。
(軟らかいと歪んで立てなくなります。)

参考までにサイズを書きますが、
好みでお決めください。

  • 頭:長さ3.5cmの楕円形
  • 胴体:長さ5.5cmの円柱形
  • しっぽ:長さ4.5cm+ぼわぼわ部分

【作り方06】

06

頭の3分の1の部分を刺して線を入れてください。

【作り方07】

07

3分の1の部分を刺して硬くします。これが鼻と口元になります。

【作り方08】

08

黒いフェルトを少量指で丸め、
マットの上で刺し固めて 鼻を作ります。

楕円形の固まりが出来たら先ほど固めた頭部の先にニードルで刺して付けます。

【作り方09】

09

赤いフェルトで舌を作り、白いフェルトであごを作ります。

あごの幅は頭と同じにします。

【作り方10】

10

頭を裏にして、ニードルで刺して平らにし、上あごにします。

続いて平らになった上あごに舌を付けます。

真ん中よりも奥だけ付けます。

【作り方11】

11

下あごを付けます。

犬の口が開いた状態にしたいため、
付けるとき舌との間に隙間ができるように付けます。

付ける場所は真ん中から奥です。

【作り方12】

12

目の位置を決めます。

太目のニードルで何度も刺して穴を開け、
試しにプラスチックの目を入れてバランスを見ます。

バランスを見たら目は外してください。

【作り方13】

13

頭と胴体を付けます。

その前にフェルトを指で薄く巻き簡単に刺したものを用意します。

これが首兼接着剤になります。
(必ず薄く作ってください。厚く作ると首が長くなり他の動物に見えてしまいます。)
 
【作り方14】

14

頭に首を付けます。

円の中心部分をしっかり付けて、
外側は軽く刺す程度にしてください。

【作り方15】

15

胴体と首+頭を付けてください。

頭が取れないようにしっかり付けてください。
(この方法で胴体と頭を付けると、ニードルが折れるのを大分防げると思います。)

【作り方16】

16

首にフェルトをマフラーのように巻きつけ刺して、
胴体と頭の段差や継ぎ目をなくします。

(後頭部から背中にかけて段差にならないようにしましょう。)

【作り方17】

17

足を付けます。

足は胴体の外側から刺して付けてください。

前から見たら左右が同じ長さか、
また立てるかどうか確認しながら付けましょう。

【作り方18】

18

4本足で立ちました。

後ろ足が若干長いですが、
後で曲げるので同じ長さになります。

ここできちんと立てるように、
長さが違う場合は付けた足を剥がしてもう1度付けて調整してください。

【作り方19】

19

ニードルわたわた(または白い羊毛フェルト)をちぎって、
体の肉付けをします。

足を付けたときにへこんだ胴体を膨らませたり、
後ろ足の付け根を太くしたり。

また頭と背中のラインがなだらかになるように、
へこんでいる部分を足したりと犬らしい体を作ってください。

【作り方20】

20

しっぽを付けて体のバランスを確認してください。

【作り方21】

21

後ろ足の間接部分の内側を何度も刺して曲げてください。

【作り方22】

22

肉付けした部分の色が違うため
同じ色になるように白いフェルトを薄くちぎって体の表面を被います。

何度も浅く刺して体がきれいに見えるようにしてください。

(白い羊毛フェルトで肉付けした場合でも、
表面にフェルトの線が出来ていて滑らかでないときは同じことをしてください。)

三角形の耳を作ってください。

【作り方23】

23

耳を付けます。

【作り方24】

24

足の先4本を曲げます。

足先から0.5cmの所をニードルで刺し前に曲げます。

【作り方25】

25

目を付けます。

ボンドを爪楊枝に付けてプラスチックの目の軸に塗ってから
目の穴の部分に入れます。

【完成】

27

28

26

最後に

いかがでしたか?

製作の注意点としては、

1,四つ足で立たせるために途中で何度か確認する。
2,全体の形やバランスを見ながら1つずつ進める。

といったところですかね(・∀・)

ぜひみなさんもチャレンジしてみて
かわいいワンちゃんを作ってみてね♪




スポンサードリンク


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

コメントを残す

サブコンテンツ