土浦全国花火競技大会 2013 日程とオススメ穴場スポット5選!

今年も土浦の花火大会が近づいて来ましたね♫

秋の風物詩と言ってもいいぐらい歴史のある花火大会で、
今年で82回目を迎えるようです。

ただ、秋に行われる花火大会は他に去年から始まった
東京ミュージック花火ぐらいしかないので会場は毎年混雑します。

でも、ご安心を!

会場より迫力はちょっと薄れてしまいますが、
土浦花火がよく見える穴場スポットはたくさんあります♫

今回は2013年の土浦全国花火競技大会の概要や見どころ、
穴場スポット
についてご紹介したいと思います!

土浦花火競技大会概要

2013y07m24d_172941347

【日程】

平成25年10月5日(土) 18時~20時半ごろまで
荒天延期(大会開催は、開催日前日の午前9時に決定されます)

【場所】

JR常磐線土浦駅下車 桜川畔

【打ち上げ本数】

約2万発

【来場予想数】

70~80万人

【有料席】

全マス(6人まで)19,000円
半マス(3人まで)9,500円

販売方法は電話、インターネットでの申し込み
7月25日の12時~7月31日の23時までで、抽選形式になっています。

また9月から霞ヶ浦文化体育会館にて窓口販売もされます。

※詳しくは桟敷席販売ページを御覧ください。

例年の見どころは?

土浦の花火大会といえばやはりスターマイン!!

スターマインというのは、テンポよく花火を連射するもので、
多彩な変化と迫力で思わず「すごい…」と声が漏れちゃうほどです♫

スターマイン日本一!!と言っても過言ではないです!

↓去年の花火大会のスターマイン

他にも10号玉の部と創造花火の部があり、
10号玉は言わずもがなの迫力、
創造花火は色んなキャラなどが見れて面白いです♫

おすすめ穴場スポット

会場には有料席と一般席がありますが、
有料は高いし抽選式…。一般席は前々日から場所取りですごい並びます^^;

運悪く有料席を逃してしまった場合は少し迫力は落ちますが、
穴場スポットから無料で見ちゃいましょう!

①打ち上げ会場西側の田んぼがある場所(県道128号)

ここは会場からもとても近く、田んぼのため建物もないので、
ド迫力の花火を拝むことができます♫

ただ、近いためか当日昼にはここもかなりの人でいっぱいになります。

時間に多少余裕が有る方におすすめですね。


大きな地図で見る

②桜川に沿った土手沿い

川沿いもかなりおすすめのスポットです。

ちょっと穴場というかは微妙なところですが、
迫力は会場席と比べても遜色ありません。

こちらも比較的早めに現地に来れる方向けですね。


大きな地図で見る

③霞ヶ浦総合公園の国民宿舎(風車があるところ)

こちらは地元民御用達の場所。

少し有名になった感はありますが、
それでもまだ穴場と言える場所です。


大きな地図で見る

④霞ヶ浦公園近くのアジュール土浦近辺

このあたりは空き地になっているので見晴らし良好です♫

近くにコンビニや公園もあるので安心です。


大きな地図で見る

⑤朝日峠の高台

ここはちょっと会場から遠いですが、
高台なだけあって景色は最高です♫

花火を近くから見るのもいいですが、
趣向を変えてココから見るのもいいですよー!


大きな地図で見る

※他にもおすすめの場所あるとご存じの方がいらっしゃいましたら
コメントに残していただけると幸いです。

持ち物や注意点

a0050_000422

会場で花火をご覧になる場合は、
トイレには紙と水道が用意されていないので、
除菌タイプのウェットティッシュなど忘れないようにしましょう!

また、秋に行われる花火大会なので、
じっと花火を見ていると体が冷えます。

厚手のダウンやジャンパーをもっておくことをオススメいたします。

また、会場周辺には数十万人もの人が来るので、
トイレはほぼずっと満員です。

なので、腸が弱い方はテントがついた簡易式のトイレを
持っていったほうがいい
でしょう。

トイレは水洗式ではないので臭いが気になる人もいいかも?

【当日の持ち物リスト】

  • カッパなどの雨具
  • 上着や毛布(寒さ対策)
  • シートやクッション
  • ウェットティッシュ
  • 携帯ラジオ(当日地元AMラジオで実況中継されます)
  • ゴミ袋
  • 大会プログラム(会場近くの案内所やコンビニで販売してます)
  • 簡易トイレ



スポンサードリンク


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

コメントを残す

サブコンテンツ