九龍城とは?都市伝説・治安はどうだったのか?

金田一シリーズではなつかしの九龍財宝殺人事件がドラマでやってましたね~。
私も初代の堂本くんがやっていたときから見ていたのですが、
今回はその時のBGMにもどっていて、ちょっぴり感動( ´∀` )

感動ついでに今回舞台となった 九龍城(きゅうりゅうじょう)について
紹介していきたいと思います。

九龍城とは一体なにか?

まず、九龍城(きゅうりゅうじょう)というのは東洋の魔窟とも言うほど
のおっかなびっくりな場所なんですが、、、
百聞は一見にしかず。実際に見た方が早いので下の動画をご覧ください。

はじめにでてくる無秩序な建物の塊?には圧倒されますね!
こういうカオスな建築物に男のロマンを感じなくもないですね^^
日本でいうと戦艦島もそうですかね。

スポンサーリンク

九龍城は治安が悪い?

九龍城というと治安や衛生状態がめちゃくちゃ悪い!という意見が
多いですね。

たしかに衛生状態が悪いのは確かで、ゴキブリやネズミ、
ハエなどがうろちょろしている場所で料理を作っていたようで、
それを香港の露店や高級料理店に卸していたんだそうです。
(実際の映像を見ると食欲が失せそうです^^;)

ただし、治安についてはそこまでひどくはなかったのではないか?
と資料や動画を見ていて私は感じました。

九龍城は外の世界で犯罪を犯してしまった人が
身を隠す場所としても有名
だったようですが、
社会的弱者が身を寄せ合うコミュニティのような役割もあり、
日本でいう昔ながらの下町といった面もあったようです。

しかし、九龍城は周りが香港領であるのに
そこだけ中国領という特殊な環境にあるせいで法律の支配が及ばず、
さまざまな違法行為が普通に行われていたというのも事実です。

内部構造もとても複雑で、警察も容易には入り込めなかったそうな^^;
(入っても出られない、住民は何も教えてくれないんだとか)

スポンサードリンク

九龍城の都市伝説まとめ

・街中の露店で売られているものの半分は九龍城産のもの。

・200m×100mの狭い居住空間の中に5万人が住んでいた。
(畳1枚に3人が住んでいる計算)

・九龍城を取り壊す際に最後まで籠城していたのは
日本のテレビ局のクルーだった。

・建築に関する法律は近くの空港の高さ規制以外は一切無視。



最高に汚いことはよくわかりましたが、生活するためのものはすべてそろっていて
外からの夜景は格別なものだった
そうです。

今はもうない建築物ですが、九龍城の内部についての画像や
当時のことについて語られた本が出版されているようです。

廃墟好きや、無造作な建物好きな方にはたまらん一冊ですね。

【送料無料】九龍城探訪 [ グレッグ・ジラ-ド ]

【送料無料】九龍城探訪 [ グレッグ・ジラ-ド ]
価格:3,675円(税込、送料別)

本の監修をした人の書かれたブログはこちら
「東洋の魔窟」九龍城砦探検記




スポンサードリンク


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

コメントを残す

サブコンテンツ