UVレジンアクセサリーの簡単な作り方!画像を使って解説してみました♪

今回作るのはUVレジンを使ったアクセサリー

蝶々のペンダント&ストラップ(完成写真)

UVレジンはアンティークな雰囲気があって
とってもオシャレですが、初心者だと

まず何を揃えてどうやって作ればいいのか?

ちんぷんかんぷんですよね^^;

特に材料がよくわからない人が多いと思いますので、
今回は画像を中心にして解説したいと思います!

スポンサーリンク

UVレジンアクセサリーに使う材料は?

作り方1(材料)

材料

  • 好きな柄の紙(2種類)・・・蝶々の絵の紙、フレーム内に敷くための紙


  • (ラッピングペーパーやコラージュペーパー、
    または、好きな画像を印刷したものでもOK)

    (フレームに敷くための紙(写真左端)は
    ラッピングペーパーのような薄い紙です。

    蝶々の絵はインターネットの画像を検索して印刷しました。)

  • フレームパーツ・・・1個
  • メタルチャーム(バラ)・・・1個
  • ペンダント用チェーン・・・1本
  • Cカン(4×5ミリ)・・・1個
  • UVクラフトレジン液・・・少々
  • パールビーズ3mm,2mm・・・各1~2粒
  • ラメパウダー(金)・・・少々
  • 透明のボンド


  • (細かいパーツ用の粘り気の少ない透明なボンドがおすすめです。
    または透明マニキュアでもOK)


作り方2(用具)

用具

  • UVレジンランプ(写真)
  • 無くても、レジン液を直射日光にを当てれば、硬化させることができます。

  • つまようじ
  • ニッパー
  • ペンチ
  • はさみ


スポンサードリンク

UVレジンアクセサリーの作り方は?

【作り方01】

作り方3

フレーム内に敷く紙をフレームの大きさに合わせて切り抜きます。

※写真は、紙の下からフレームを当ててなぞり、
フレームの形を紙に写しているところです。

【作り方02】

作り方4

蝶の絵も切り抜きます。

【作り方03】

作り方5

蝶の絵とフレームに敷く紙の表面に
透明のボンドを薄く塗り、乾かします。

(UVレジン液が紙に染み込むと、色が暗くなるので、
UVレジン液が付かないようボンドを塗ります。)

蝶の絵はできれば裏側も、ボンドを塗った方が良いのですが、
この場合、かなり小さい紙なので表だけでもOKです。

フレームに敷く紙は表のみでOKです。

【作り方04】

作り方6

…参考写真です。

写真左側は、紙にボンドを塗らないで、
直接レジン液を塗って硬化させたもの。

写真右側は、紙にボンドを塗ってから、
レジン液を塗って硬化させたもの。

左側の蝶の絵は紙の色が暗くなってます。

【作り方05】

作り方7

フレーム内全体にボンドを塗り、
作り方5の紙をしっかり貼りつけます。

紙を全体的に貼り付けておかないと、
後で浮き上がってくる場合があるので、しっかりと貼ります。

【作り方06】

作り方8

フレームにレジン液を薄く流します。

蝶の絵を置きます。

(蝶の絵は真ん中を凹ませるように折って、羽を少し上に上げています。)

【作り方07】

作り方9

レジンランプでUVライトを1~2分当てます。
(日光に当てる場合、時間を長めにしてください。)

【作り方08】

作り方10

作り方9の後、レジンランプから出したところです。

【作り方09】

作り方11

バラのメタルパーツのカン(輪)の部分をニッパーで切ります。

【作り方10】

作り方12

レジン液をフレームに薄く流し、
パールビーズ3個(3mm1個、2mm2個)とバラのチャームを乗せます。

【作り方11】

作り方13

レジンランプでUVライトを1~2分当てます。

【作り方12】

作り方14

レジン液をフレームからはみ出さないよう薄く流し、
ラメパウダーを振りかけます。

【作り方13】

作り方15

レジンランプでUVライトを1~2分当てます。

【作り方14】

作り方16

レジン液フレームの中心に少し垂らし、
(フレームから流れださない程度に)レジン液を伸ばします。

レジンランプでUVライトを1~2分当てます。

【作り方15】

作り方17

作り方16を1~2回くり返し、
好みの高さまでレジンを盛り上げます。

レジンを丸く盛り上げたほうが、
レンズのようになり、中に閉じ込めたものが広がって見えるのでおすすめです。

【作り方16】

作り方18

最後は5分ほど、UVライトを当ててしっかりレジンを硬化させます。

トップのパーツができあがりました。

【作り方17】

作り方19(完成)

ペンダント用チェーンに、Cカンでトップのパーツをつないで(ペンチを使う)、
ペンダントの完成です。

☆おまけ ~ストラップ編~

UVレジンを使ったペンダントができたら
その調子でストラップも作ってみませんか?

せっかくレジンの扱い方に慣れてきたんだから、
これだけで終わってしまうのはもったいないです!

作り方は、ペンダントのトップパーツと同じなので、
良かったらチャレンジしてみてくださいね♪

↓に完成画像や材料を載せておきますので、
参考までにどうぞm(_ _)m

【ストラップ1・2】

ストラップ1

ストラップ2

できあがりの写真です。

【ストラップ材料】

ストラップ材料

  • 好きな柄の紙(2種類)・・・蝶々の絵の紙、フレーム内に敷くための紙


  • (ラッピングペーパーやコラージュペーパー、
    または、好きな画像を印刷したものでもOK)

    (フレームに敷くための紙(写真左端)は
    ラッピングペーパーのような薄い紙です。

    蝶々の絵はインターネットの画像を検索して印刷しました。)

  • ストラップ金具・・・1本
  • UVクラフトレジン液・・・少々
  • パールビーズ3mm,2mm・・・各1~2粒
  • ラメパウダー(銀)・・・少々
  • 透明のボンド


  • (細かいパーツ用の粘り気の少ない透明なボンドがおすすめです。
    または透明マニキュアでもOK)


最後に

いかがでしたか?

UVレジンは初めに揃えるべき材料が
高額ですが、その後はあまりお金もかからないので、
たくさん作って元はとりたいところですよね。

また作りやすいものや
オシャレなデザインが思い浮かんだら
更新したいと思いますので、よかったら見てください。

では閲覧して頂きありがとうございました!




スポンサードリンク


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

3 Responses to “UVレジンアクセサリーの簡単な作り方!画像を使って解説してみました♪”

  1. 水野愛 より:

    はじめまして。突然のメッセージ、失礼いたします。
    私はツイッターで「素敵なレジン紹介BOT」というレジンに関する内容のツイートのプログラムBOTを管理している水野と申します。

    現在フォロワー数が約1500人ほどいるのですが、レジン初心者様からレジン愛好者の方にむけてとても素敵なレジンやレジンの作り方、レジンの魅力についてご紹介しております。

    事後報告で大変申し訳ありませんが、勝手ながら素敵なレジン作品記事についてご紹介させていただきました。
    当初はURLもつけての紹介でしたがやはり無断転載でこのまま紹介を続けるのには問題があると遅まきながら気づいた次第です。
    失礼を承知ですが、もしご不快でなければこのまま今後もご紹介をさせていただけないでしょうか。

    どうかご検討のほど宜しくお願い致します。

    • komoex3 より:

      水野様

      紹介していただけて大変光栄です(^^ゞ

      こちらとしてはまったく問題ないので、
      このままで大丈夫ですb

      ありがとうございます(^o^)

  2. miyu より:

    はじめてでも分かりました

コメントを残す

サブコンテンツ