羊毛フェルトを使ったリンゴの作り方!初心者でも超簡単!

今回ご紹介するのは高さ4cm横2.7cmの
羊毛フェルトを使った赤いりんごの作り方!

15

丸くて小さくて触るとふわふわするので、
小さいお子さんに作ってあげるととっても喜んでくれますよ♪

りんごは製作時間も約1時間ですし、
フェルト初心者の方でも比較的簡単に作れるので、
はじめの一歩におすすめ( ´∀`)b

まずはいつもどおり材料から見ていきましょう!

スポンサーリンク

りんごの作成に使う材料や用具は?

01

材料

  • 羊毛フェルト赤色・・・約5~10g
  • 羊毛フェルト緑色・・・少量
  • 羊毛フェルト茶色・・・少量


用具

  • フェルティング用マット
  • 机を傷つけないためマットの下に敷くもの
    (雑誌、新聞、スポンジ)
  • ニードル
    (太めの物は固定や型作りに、
    細めの物は仕上げや細かいものに使うといいです。)
  • 定規


羊毛フェルトを使ったりんごの作り方は?

画像が見にくい場合は、
画像をクリックすると拡大されるので試してみてくださいねb

とりあえずまずは、

  • フェルティングマット(マットの下になにか敷きましょう。)
  • ニードル
  • 3色の羊毛フェルト


の3つを用意してください!

スポンサードリンク

【作り方01】

02

最初にりんごの本体を作ります。

高さ2.7cm、直径2.7cmの球形を作ります。

まず赤のフェルトを両手で巻いていきます。

3~4回巻いたらニードルで刺して解けないようにします。

【作り方2】

03

両端のフェルトは内側に折り込んで
ニードルで刺し解けないようにしてからフェルトを回転させ、
球形を作ります。

【作り方03】

04

丸くできました。

【作り方04】

05

つぎは中心を決め、太目のニードルで何度も刺し、
深さ0.5cmぐらいの穴をあけます。

この部分がりんごの上になります。

【作り方05】

06

つぎに葉を作ります。

緑のフェルトを少量取り、両手で巻いていきます。

中央がふくれて両端は細くなるように巻きます。

全体の長さは2.5cm程で内0.5cmは差し込んで
接合するためのボサボサ部分となります。

巻いている途中、解けないように軽く刺し留めます。

【作り方06】

07

葉は平たい形となるので
厚みのある部分が潰れるように刺します。

片方の端はきれいに整え、
もう片方の端はボサボサのままにしておきます。

【作り方07】

08

葉脈を作るため
葉の中心を縦に点線のように刺して筋を付けます。

【作り方08】

09

りんご本体を出し、
上の凹んだ部分に葉のボサボサ部分を入れ、
ニードルで刺し葉を取り付けます。 

【作り方09】

10

最後に茎を作ります。

茶色のフェルトを少量取ってください。

細い紐状に取り分け3回程折ります。

折ってまとめたとき
2.5cmぐらいの長さになるようにしてください。

【作り方10】

11

軽くねじってまとめ、
ニードルで刺して固めていきます。

細い円柱形になるように
フェルトを回転させて全体を刺します。

1箇所だけを集中的に刺さないようにしてください。

細いので曲がったり切れたり、
またマットに埋れたりします。

【作り方11】

12

片方の端は刺してきれいにまとめましょう。

もう一方の端はボサボサのままにします。

【作り方12】

13

りんご本体の中心へ茎のボサボサ部分を入れ、
茎が真直ぐに立つように刺して固めてください。

【作り方13】

14

底が丸いと転がりやすいので軽く刺してください。

【作り方14】

17

できあがりです。

※注意

フェルティング用マットは数回使っただけで汚れてきます。

羊毛がマットの目に入ってしまうためですが、
そのまま使うと例えば白い作品を作っているとき、
マットに入り込んでいる黒い羊毛が白い作品に混じります。

ですから使う前に
手でマットに入り込んだ羊毛を取ることが必要です。

しかし完全にきれいにすることは難しいです^^;

なので、出来るだけマットの表は薄い色、裏は濃い色と分けたり、
マットの右側、左側で色の濃さを分けて使う事をお勧めします!

最後に

いかがでしたか?

りんごのフェルトの制作に慣れたら、
他のものにも是非挑戦してみてください!

始めは難しいかもしれませんが、
徐々にサクサク作れるようになるはずです( ・`ω・´)

今後も羊毛フェルトの作り方はUPしていきますので、
よかったら他の作品ものぞいてみてくださいね♪

ではでは、最後まで閲覧して頂き
ありがとうございましたm(_ _)m




スポンサードリンク


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

コメントを残す

サブコンテンツ