フェルトマスコット!くまの作り方を画像入りで解説!

今回ご紹介するのは、羊毛フェルトを使用した
高さ約9cmの座ったくまさんのマスコット!

27

座らせるために、
全体をニードルでしっかり刺して硬くしています。

製作時間は約3時間

今回は細かい工程が多いので、
画像を使って初心者の方でも分かりやすいように
解説してみたいと思いますb

まずは材料や使う用具をチェックしていきましょう!

スポンサーリンク

くまのマスコットに使う材料や用具は?

01

材料

  • 羊毛フェルト茶色・・・約15~20g
  • 羊毛フェルト白・・・約2g
  • 羊毛フェルト黄色・・・少量
  • 羊毛フェルト黒・・・少量
  • ビーズ黒・・・2個
  • 黒糸/茶色の裁縫糸・・・少量


用具

  • フェルティング用マット
  • 机を傷つけないためマットの下に敷くもの
    (雑誌、新聞、スポンジ)
  • ニードル
    (太めの物は固定や型作りに、
    細めの物は仕上げや細かいものに使うといいです。)
  • 定規
  • はさみ
  • 裁縫針
  • トレー(洗面所で作業をする場合不用です。)


  • ※裁縫用ボンド
    (差し込み型の目を使う方のみ必要です。)


スポンサードリンク

羊毛フェルトを使ったくまのマスコットの作り方は?

まずはフェルティングマット(マットの下になにか敷きましょう。)、
ニードル、茶色の羊毛フェルトを用意してください。

【作り方01】

02

初めに頭を作ります。

フェルティングマットの上で羊毛フェルトを両手で巻き始めます。

3-4回転ぐらいすると厚みがでてくるので
10回程度刺し、また巻きます。

両端のフェルトは内側に折り込み一緒に巻き込みます。

【作り方02】

03

約4cm×3cmの楕円形にします。

仕上げるときは両手の内側で楕円形のフェルトをコロコロと転がし、
最後に細めのニードルで浅く刺すときれいに仕上がります。

【作り方03】

04

次に耳を2個作ります。

約1.5cm幅の平たいボールを作ります。

途中両手の内側でコロコロ転がし、
机の上で押しつぶすと平たい形が作りやすいです。

【作り方04】

05

耳の黄色い飾りを2個作ります。

直径約1cmの平たい円形を作ります。

指を使って平たい1.2cmほどの円形を作り、
マットの上で刺し形作ります。

縮むので1cm程になります。

【作り方05】

06

耳に黄色い飾りを付けます。

始め黄色い縁をぐるりと1周刺してください。

その後中も刺して飾りを付けます。

【作り方06】

06

鼻の土台を白で作ります。

1.5cm×2.2cmで0.5cm程度の厚みのある楕円形です。

頭や耳を作った要領で作ってください。

土台に後で飾りを付けるためフェルトを巻くときはきつめに、
刺すときは深く刺して硬めに仕上げると、
飾りつけをしたときに型崩れがしづらくなります。

【作り方07】

07

鼻の土台に黒で口を作ります。

ごく少量の黒いフェルトを4cm 程取り、
指でよって紐状にします。

白い土台の中央より少し下に、黒いフェルトの真ん中を刺します。

続いて右と左に孤を描く様にして刺してゆきます。

端が余るのではさみで切ってください。

【作り方08】

08

鼻を黒で作ります。

ごく少量の黒いフェルトを取り、
親指と人差し指で丸めます。

丸まったものをマットの上で刺し固めます。

0.5cmの丸まった鼻を白い土台に付けます。

黒い鼻の縁を1周刺してから中央を少しだけ刺しましょう。

【作り方09】

09

白い鼻の土台を頭に付けます。

土台は顔になる部分の下の方に置き、
土台の縁を1周しっかり刺して留めます。

それから中央部分も少し刺して固定します。

【作り方10】

10

目を付けます。
糸と針とビーズ2個を用意してください。

後で耳を付ける部分から針を刺して、
ビーズで目を付けます。

玉止めをする部分も耳の位置です。

反対側の目も同様に付けてください。

糸の結び目は解けないように大きく作ってください。

【作り方11】

11

顔の部分が出来ました。

耳の位置に糸が見えますが、
上から耳を付けるため見えなくなります。

【作り方12】

12

耳を頭に付けます。

付きやすくするため、
少量の茶色いフェルトを耳と頭の間に挟んで刺すといいです。

【作り方13】

13

頭部分が出来上がりました。

【作り方14】

14

胴体を作ります。

長さが5cmで、底辺の直径が3cm程です。

まず 茶色のフェルトを5.5cm幅で取り、巻いていきます。

片方の端だけ内側に折り込み刺して留め、
また巻き、それを繰り返します。

もう片方の端は折らずにそのままにします。

折り込んだ方が底辺になりますが、
直径が3.5cm程になったらフェルトを巻くのを止めます。

15

そして胴体の形を整えるため、刺し固めます。

底辺は後でくまのお尻となるためしっかり刺しておきます。

折らなかった方の端はボサボサのままにしておきます。

【作り方15】

16

胴体に頭を付けます。

胴体のボサボサの端を頭のあごの方側に付けます。

胴体側から頭に向かってニードルを刺していきます。

ボサボサだったフェルトがしっかり固まり、
胴体と頭を強く固定してくれます。

【作り方16】

17

頭と胴体が付きました。

【作り方17】

18

つぎはお腹に白い飾りを付けます。

3cm×2.5cm位の楕円形です。

少量の白いフェルトを取り、
親指と人差し指で平たく巻いていきます。

19

少し大きめに作り、マットに置いて刺し固めます。

一回り小さくなると思います。

【作り方18】

20

胴体にお腹の白飾りを付けます。

胴体の中央部分に白い飾りを置き、
縁から刺して留めます。

1周したら中も刺します。

【作り方19】

21

前足2本を作ります。

出来上がりの長さは3.5cm(固い部分は3cmでボサボサ部分は0.5cm。)
直径は1cmぐらいです。

3.5cm幅に取り分けたのフェルトを巻いて
片端だけ折り込んで巻き、刺して留めます。

22

後ろ足2本も作ります。

出来上がりの長さは4.5cm(固い部分は4cmでボサボサ部分は0.5cm。)
直径は1.5cmぐらいです。

4.5cm幅に取り分けたのフェルトを巻いて、
片端だけ折り込んで巻き刺して留めます。

【作り方20】

23

前足を片方ずつ付けます。

前足のボサボサの部分を背中側に付けて刺して留めます。

横からも刺します。

【作り方21】

24

後ろ足も片方ずつ付けます。

ボサボサ部分をお尻側に付けて刺して留めます。

横からも刺します。

【作り方22】

25

尻尾を作ります。

1cm×1cm位で、端はボサボサのままにします。

26

出来上がったらボサボサの端をお尻側に刺して付けます。

もし背中に足を付けた時の線が気になったら、
少量の茶色いフェルトをのせて刺すと目立たなくなります。

【作り方23】

28

出来上がりです。

【おまけ】

29

失敗した胴体です。

体が長すぎたり、形が悪かったりで可愛くなかったので
止めたものが真ん中の2つです。

左端は2頭身でちょうどいいと思い作り進めましたが、
頭も胴体も硬く刺し固めた後だったので首がしっかり繋がらず、
更に接合部分でニードルを2本折りました。

最後に

いかがでしたか?

まだ羊毛フェルトに慣れていない方には少々難しいかもしれませんが、
くまのマスコットは小さい子にも大人の方にもとても喜ばれるので、
是非挑戦してみてください!

特に寒い時期、羊毛フェルトで作ったアクセサリーは
暖かみがあって本当に素敵なのでプレゼントにもおすすめですね♪

また次回の作品も近いうちにupしますので、
お楽しみに!




スポンサードリンク


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

コメントを残す

サブコンテンツ