寒冷蕁麻疹とは?原因と今からできる予防対策!

「なんか最近肌がかゆいけどこれって蕁麻疹なのかな…?」

a1180_010528

寒い季節になると急に肌がかゆくなることって
ありますよね〜。

私も仕事から帰ってきたら
寒さのあまりそのままお風呂に直行しますが、
かかとのあたりとか痒くなります^^;

でも、そういったふとしたきっかけで
蕁麻疹にかかってしまう事も少なくありません!

私の通っている職場の同僚でも寒冷蕁麻疹にかかってしまい、
全身防寒着で通勤している方がいたりします。

温度管理が相当大変らしいですね><


蕁麻疹はかかってからでは治すのが困難なので、
事前に知っておく事が肝心です!

ということで今回は、
寒冷蕁麻疹はどういった原因でなるのか?

寒冷蕁麻疹の基本的なことや症状、
予防方法なども交えつつご紹介したいと思います!

スポンサーリンク

寒冷蕁麻疹とは?

恐らく、寒冷蕁麻疹という言葉自体
そこまで聞いた事がない人も多いかと思います。

「蕁麻疹となにが違うんだ?」

と私もはじめは首をかしげたものです。

しかし、基本的には普通の蕁麻疹と同じようなものです。

同じというよりは、
蕁麻疹を細分化したものの中に
寒冷蕁麻疹というものがあるといった感じですかね。

蕁麻疹というと食べ物を食べたり、
特定の動物を触ったりして起こるアレルギー反応が有名ですよね。

猫が大好きなのに、猫を触ると蕁麻疹が出るとか
よく聞きますよね^^;

a1370_000422

ただ、それ以外にも熱や摩擦、圧迫などの
物理的刺激によっても蕁麻疹は出てくる方がいます。

その中の一つが寒冷蕁麻疹なんですね。

冷たいものに触れる事によって、
一時的に皮膚にぶつぶつができて
痒い思いをしてしまうのです!

一度蕁麻疹にかかると
長期間治らない場合が非常に多いです。

なので、なるべくかからないように
原因になる事柄をしないように日頃から意識したり、
予防をする事が大事ですね

スポンサードリンク

寒冷蕁麻疹にかかる具体的な原因とは?

予防するにはまずは具体的な原因を
知らなければどうしようもありませんよね。

いくつか実際に寒冷蕁麻疹になった方の事例
あげてみようと思います。

自分も普段やっていないかどうか
ここで一度確認しておきましょう!

1,運動をした後、汗をかいたままにしておく

最近は健康・ダイエット目的で
ランニングなどをされる方が多いですが、
汗をかいたらそのままにしてしまうことが多いです。

特に冬場はかなり寒いので、
汗のせいで急激に体が冷えてしまいます

汗はこまめにふきましょう!

2,入浴後、脱衣場が冷えこんでいた

a0001_012175

これも冬場に多いですね。

やはり寒冷蕁麻疹は急激な温度変化によって
引き起こるケースが一番多いです。

入浴後は最も体温が上がるので、
あらかじめ脱衣場を暖めておくといいですね。

もし、暖めておく事が無理でしたら、
しばらく浴槽内で一呼吸置いてから出ましょう。

3,夏場に冷房がガンガン効いた室内に入る

寒冷蕁麻疹というと冬場を連想しがちですが、
夏場も注意が必要です。

電車の車内や、会社のオフィスなど
入る際は注意しましょう!

一枚上着を持ち歩く習慣を持つ事が大事ですね。

もちろん冬場も逆のことが言えるので、
急激な温度変化に対処できるようにするべきですね。

寒冷蕁麻疹にならないために心がける事は?

さて、いくつか原因となる事例をあげましたが、
体温をキープするのには
ある程度限界もあるかと思います。

例えば露天風呂に入るときとか、
個人ではどうしようもない部分もありますからね。

なので、そういった場合に備えて
ある程度、温度変化に対する耐性を付けておく事が大事です!

どうしても体調が悪くなると、
刺激に対して弱くなってしまうので、
日頃から以下の事には気をつけましょう。

  • しっかり睡眠をとる
  • 暴飲暴食をしない
  • ストレスを溜め込まない


やはりなにごとも規則正しい生活習慣が大事ですよね。

日頃から仕事詰めだったり、
ストレスを感じる機会が多い方は、
たまには運動しましょうね♪

私もデスクワークばっかりしているので、
気をつけますお辞儀




スポンサードリンク


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

コメントを残す

サブコンテンツ