鍋の焦げ付きの落とし方!身近なもので簡単に♪

お料理をしている時、
ついその場を離れて焦がしちゃった!!

a1640_000300

そんな経験はありませんか?

この焦げ付き、いけませんね。

そのままにしておくと次に作った時に焦げ臭く、
味が悪くなります><

でもこの焦げ付き、
落とそうと思ってゴシゴシ洗ってもなかなか落ちない!?

これでは疲れとストレスがマッハでたまり、
1日ダウンしてしまいます(´・ω・`)

そんなことにならないように、
鍋の焦げ付きの簡単な落とし方を今回はご紹介します( ・`ω・´)


ただ、使っているお鍋
元々焦げ付きやすい場合は
買い換えるほうが早い場合もあります。

特にステンレス製はかなり焦げ付くので、
鉄製やフッ素加工されたものを使うのがおすすめですb

最近では扱いやすい鍋も増えているので、
買い替えも視野に入れてみるといいかもしれませんね。

スポンサーリンク

お鍋の焦げ付きの簡単な落とし方!身近なものを使って簡単に♪

さて、それでは早速
焦げ付きの落とし方について見ていきましょう!

落とし方には色々な方法があります。

いくつかご紹介しますので、
できそうなものを試してみて下さいね( ´∀`)b

【お酢】

焦げ付いた時に中身を素早く取り出しておいて、
焦げ付いた部分にお酢を振りかけます。

酢に含まれている酸の力で焦げの付着が緩むので、
スポンジでこすれば綺麗に取れるようになるんです(^^)

また、すぐ落とさなくていいならば
鍋に酢と水を入れて沸騰させます。

この時焦げが酢水に浸かるようにして下さい。

沸騰させたら冷めるまで放置すれば
驚くほど簡単に取れますよ♪

これはクエン酸を溶かしたものでも代用できます。

ですがアルミ製の鍋は酸に弱い為、
黒ずむ事がありますのでご注意ください!

【重層】

焦げ付いた鍋に水を張って、
重層を大さじ1程入れて溶かして沸騰させます。

上の動画では重曹を大さじ3杯入れていますが、
完全に吹きこぼれてしまっているので、入れすぎ注意です!

そして、焦げ付きが酷い場合は暫く沸騰させて下さい。

火を止めたら一晩寝かしましょう。

翌朝、スポンジなどで擦って下さい。

お酢と同じくらい良く取れます( ´∀`)b

重層はものを柔らかくする力があるので、
焦げ付きも柔らかくしてしまうのかもしれません。

前述したクエン酸と共に色々な掃除にも使えるので、
合わせて用意しておくといいでしょう。

【みかんの皮】

みかんと書きましたが、
グレープフルーツやレモンなどの
柑橘系の果物の皮であれば何でも構いません。

皮で焦げ付き部分を良く擦りましょう。

また、焦げ付いた鍋で
皮をお湯で煮る方法もあります。

皮にある油分が焦げ付きに効くようで、
冬場は食べ終わったみかんをよく使います(^^)

【ドライヤー】

a0002_003368j

ちょっと驚きのこの方法。

焦げにドライヤーの熱風を当てて、
乾燥させます。

それにより、
焦げ付きが剥がれやすくなるんです!

初めは知り合いに聞いて、
疑いつつ実践したんですが、
綺麗に取れてびっくりしました(゚д゚)

完全に乾燥させるとかさぶたのように剥げますよ♪

天日に当てるという方法も有りますが、
これも乾燥させるという方法を使っているのでしょう。

擦る時は割りばしを使うと
すんなり剥がれてくれますよb

最後に

いかがでしたか?

もし焦げ付かせてしまった時は、
ぜひこれらの方法をお試しください。

もしこれら一つでは落ちなければ、
二つくらい組み合わせると効果もアップします!

これでもう焦げ付きは怖くありません(*^_^*)

でも、焦げ付く原因はなるべく作らないように
気をつけてくださいね!

特に乾燥する季節は火事の元にもなりますからね。

お料理の際は、
決して火から目を離さないようにしましょう( ・`ω・´)




スポンサードリンク


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

コメントを残す

サブコンテンツ