れんこんきんぴらは冷凍してリメイク料理に!お手軽活用術!


れんこんきんぴら。家庭の常備菜に。

あなたはれんこんのきんぴら、お好きですか?
私は大好きです♪

a0002_010822

夕食の一品として、お弁当の一品として。
はたまた、スーパーなどのお惣菜売り場で。

色々な所にれんこんきんぴらは潜んでいます。

派手さはないが定番。
そこにあると、ほっとするような一品。

それがれんこんのきんぴらであり、
皆さんが求めている物なのかもしれません。

スポンサーリンク

・れんこんきんぴら。賢く作って冷凍保存

さて、最初に常備菜という話をしましたね。

夕飯の一品に、お弁当の一品に。
色々使えるれんこんきんぴら

何度も何度も作るよりは、
一気に作ってしまって冷凍保存しておきましょう。

使う時にレンジで温めるだけで、簡単に出来上がります。
何より一回一回の手間も省けます。

その際のポイント、
冷凍しておく際のポイントはいくつかあります。

・小分けに冷凍

大量に作ったからといって、
それをそのままドーンと保存してしまうのは考えものです。

解凍する際にそれをそのまま解凍して、
全部食べ上げるなんて無理なお話。

a0002_009272

流石に何度も温めと冷凍を繰り返すのはお勧めしません。

一回で食べる分量だけを、
小分けにジップロックなどで保存する方が便利です。

・お弁当に入れる際は、カップで保存

お弁当にいれるなら、
最初から使い捨てのカップに入れて冷凍しておきましょう。

冷凍する際には面倒かもしれませんが、
実際に使う時にはすぐに使えて、手間も半減

一個ずつ使用する事も出来るので、食べる分とお弁当分を分けるのもいいですね。

朝の忙しい時間を有効に活用しましょう。

・一か月以内に食べ上げる

いくら冷凍しているからといって
いつまでも持つ訳ではありません。

流石に味も落ちてきますので、
期限は設けましょうね。目安は一カ月まで

市販の冷凍食品などとは違い、
家庭の冷蔵庫は開閉する事が多いですよね?

a0002_006935

その為冷凍庫内の温度が変動しやすく、
冷凍している状態でも市販の物より劣化が進みやすいのです。

長期冷凍で、霜が付いたりした食品はありませんか?
水分が抜けてしまい、「冷凍やけ」という事態も引き起こされます。

こうなると何より美味しくありませんので、
味と衛生面を考えて、目安は一カ月以内と言われています。

お弁当に使う場合は、長時間入れっぱなしになるので、
小さな事ですが危険な真似は止めましょうね( ・`ω・´)

保存する際には、
いつ作ったかなどをメモするのがいいでしょう。

「でも、それでも余ったんだけど…」
そんな時には、以下の方法でリメイクしちゃいましょう!

・リメイク料理!余ったきんぴら活用術!

さて、大量に作って余ったれんこんきんぴら、
色々とリメイクして最後まで美味しく食べましょう。

方法はいくつかご紹介していますので、
お好きな食べ方をしてみて下さい。

・とっても簡単、卵焼き

れんこんきんぴらだけでなく、
色々なお惣菜で活用可能。

卵は使いやすいです。

出汁巻き風に具材を巻いても綺麗ですし、
混ぜ込んで焼き上げたって美味しいですよ!

合わせる事でお弁当の一品にも利用可能です。

・ハンバーグに混ぜ込んで、簡単和風ハンバーグ♪

a1620_000628

特にこの場合は鶏ミンチがおすすめです。

お豆腐などを混ぜて頂ければよりヘルシーにも。

れんこんきんぴらを刻んで、
鶏ミンチに混ぜるだけ!

柔らかいハンバーグにレンコンの歯触りが活きます。

小さめの肉団子にしてしまえば、
お年寄りにも評判の良いレシピになるでしょう。

お子様にはハンバーグ、お年寄りには肉団子、
何てすれば簡単でメニューにも違いが活きます。

味付けはソースを和風出汁に
とろみをつけたりなどすれば、より和風に。

もしくはお醤油などでそのまま味をつけてしまいましょう。

・変わった所で、ポテトサラダ!

さてそれでも余ったら細かく刻んで
ポテトサラダに混ぜ込んでしまいましょう!

此方も歯触りがサラダに合いますし、
何より和風の味付けとマヨネーズが意外にも良く合います

言わなければれんこんのきんぴらを
混ぜ込んだなんて気付かないかも…?

ちょっと手抜き過ぎな感じもしますが、
ポテトサラダを購入したもので済ませれば更に簡単

この場合、いわば買って来たものに
ちょっと一手間かけたお料理なわけですね。

「買って来たものにちょっと一手間かけただけだよ~」
なんてさり気ない料理好きアピールにも如何?

最後に

今回紹介したのは私のオススメの三品だけですが、
他にもネットで検索してみるとたくさんの種類が出てきます。

元々が和風の味付けですので、
結構どんな料理にも合うのです(^^)

そのまま食べるもよし、一手間加えるもよし、お弁当によし。

皆さんもれんこんきんぴらを美味しく楽しく食べて下さいね!




スポンサードリンク


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

コメントを残す

サブコンテンツ