おせちの意味!黒豆・伊達巻・かまぼこ・数の子それぞれ深い思いが!


さあ年の瀬が近付いてきています!

最近はもう、おせちの予約などの
のぼりが上がっていますね。

今時はコンビニでもおせちののぼりを上げていますが、
このおせちの意味や習わし、ご存知ですか?

新年を祝うために食べているおせちですが、
実は色々とみんなに知られていないような、
深くて面白い意味や思いが込められているのです!!

最近ではおせちはネットで気軽に注文できて、
大晦日に届けてくれるサービスも増えて楽になりました。

でも、意味を知ってから食べることで、
おせちの味わいもきっと変わってきますよ♪

スポンサーリンク

なのでこの機会に、一緒に確認してみましょう!

・おせちを食べる習慣はいつ始まった?

意味を理解するためにはまず、
おせちがなぜ食べられるようになったかを
知るとすんなり覚えられると思います(╹◡╹)

まずおせち、お節という名前ですね。

元は御節供(おせちく)という名前だったようです。

そしてこの御節供、江戸時代に幕府によって定められた
五日間の節句・五節句の日に食べるものでした。

a0790_000715

この五節句の日は以下のとおりです。

  • 1月7日の七草
  • 3月3日の雛祭り
  • 5月5日の子供の日
  • 7月7日の七夕
  • 9月9日の菊の節句


「9月9日も節句の日だったの!?」

9月9日も節句の日だったことは
知らなかった人も多いのではないですかね?

ちょっと話が脱線しますが、
そもそも陰陽道では奇数は縁起がいいものなので、
奇数が並んだこれらの日を節句として祝っていたわけなんです。

ただ、最大の数の9が並ぶこの日は縁起が良すぎて、
昔は逆に不吉
だと考えられていました。

そのためあまり祝われなくなったんですかね~。

良いことが起こりすぎると確かに怖いですもんね( ・`ω・´)


と、話を戻しますね!

元々はこの五節句の日というのは
神にお供えをする宮中での行事でしたが、
おめでたい行事は民間にも広がりました。

a0960_000587

そして一般庶民もこの御節供を行うようになり、
中でも年始の1月に行う行事が一番盛大なもので、
この事から今では正月におせち料理を用意するようになったそうです。

元々は宮中行事と聞くと、
何とも雅やかで伝統のあるものだと思いますね(╹◡╹)

日本人としてこんな習慣は大事にしたいものです。

そしてお節と言えばやはり縁起物。
次はこのお節の中のいくつかの意味をご紹介しましょう。

・おせち料理のそれぞれの意味とは?

・黒豆

a0002_004845

甘く柔らかく煮詰められてとても美味しいですよね~♪

こちらは「まめまめしく、真っ黒になるまで働けるように」
という意味です。

働けるのも幸せな証拠
有り難く今年一年健康に働けるよう願って頂きましょう!

・伊達巻

ふっくらした伊達巻は、少し温め直すとより美味しく頂けます。

此方は諸説あるようですが、

  • 婦人が使う和服の狭い帯の伊達巻に似ているから
  • かまぼこに白身しか使わないから、余った黄身を美味しく頂くため


などが有力と考えられています。

うーん、さすが昔の人は物を無駄にしませんね。
見習いたいものです♪

・かまぼこ

切っただけ?
いやいや、そんな事言っちゃ罰が当たりますよ!

おめでたさを出す為に紅白のかまぼこを用意します。

ですが、元々昔はかまぼこは大変高級なものだったとか。

原料の白身魚が高価だったので、
その影響でかまぼこ自体も普段は手が出せるものではなく、
なかなか食べられるものではありませんでした。

お正月はこのかまぼこが食べられる贅沢な日だったんですね。

昔の人の苦労をしのんで有り難く頂きましょう。

尚、このかまぼこや伊達巻は、
お酒が飲めない子供用だったという説もあるようです。

・数の子

a0960_001176

此方は今でも高級品ですね。あの歯触り、たまりません!

こちらは卵であるという事から、
子孫繁栄、子だくさんを表しています。

子供というものは何よりの宝であり、贈り物です。

その事をもう一度考えながら、
お正月にゆっくりと数の子をおつまみにお酒を飲むのも、
いいかもしれませんね。

・おせち自体に込められた意味とは?

最後に、おせち自体の意味も少々ご紹介しましょう。

おせち料理は重箱に詰められていますね。

中に入った料理だけでなく、
この重箱に入っている意味もありますが、ご存知ですか?

a1180_006943

最近はあまり見かけませんが、
おせち料理は五つの段の重箱に詰められています。

この重箱にも意味があり、
「幸せを重ねる」という事から重箱に詰められているそうです。

それぞれの重にも意味があるのですが、
重要な五の重は空っぽにしておくのがポイントです!

五段目がない場合は、
三段目を代わりに空っぽにしてもいいでしょう。

これは「まだまだこの先に幸せが入る余地がある」
という未来を示しています。

とても素敵な考えですね♪
一年の始まりに頂くにはピッタリなお料理です。

この意味を考えながら、
今年はお節を頂いてみるのはいかがでしょうか?




スポンサードリンク


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

コメントを残す

サブコンテンツ