部屋の乾燥対策!今すぐできる効果的な5つの方法!

気づいたら肌はカサカサ!喉はイガイガ!

a0002_007507

寒くなってくると空気が乾燥してきて、
部屋にいるだけで喉が痛くなるってことが多いですよね〜。

エアコンなんかつけた日には
体の水分がどんどん吸い取られて
ミイラになってしまうほどです><

それに、インフルエンザや風邪が流行する時期ともかぶるので、
早めの乾燥対策が必要不可欠!

ということで、部屋の乾燥対策に悩んでいるあなたのために、
今回はすぐにできる改善策をご紹介します( ・`ω・´)

スポンサーリンク

今すぐできる部屋の乾燥対策は?

これから紹介する方法を実行する前に
まずは湿度計を準備しておきましょう!

無ければ100均にもあるので^^

風邪やインフルエンザウィルスは、
湿度が40%を切ると活発になる
ので、
最低でもこの数値を超えるようにしましょう!

そして、できれば60~80%にする
風邪もほぼ完全に予防でき、
喉にもお肌にも最適です♪

これを肝に銘じたうえで、
早速対策について見ていきましょう!

1、濡れタオルをつるす

a0002_011565

部屋の乾燥対策と言えば
誰でも知っている濡れタオル

効果は加湿器に比べると若干効果が落ちますが、
もっとも手軽で、お金がかからないので
一番オススメの方法です♪

ただ、小さいフェイスタオルのようなものだと
効果が薄い場合もあります。

寝る前にタオルを置いておいて、
カラカラに乾いていたらバスタオルを使うとよいでしょう!

私の寝室は3人で寝るぐらい広いのですが、
それぐらいになるとバスタオル2枚を濡らしたやつを
絞って吊るしておいても、翌朝は完全に乾いています^^;

それだけ乾燥がひどい状況なんですね。

2、洗濯物を部屋干しする

これもけっこう定番な方法ですね。

冬の時期は外に干してもま〜ったく乾かないので、
部屋干しに限ります♪

部屋の乾燥にも効果があるので
まさに一石二鳥ですね^^

ただ、気をつけなければならないのは、
部屋干しすると臭いがちょっと気になるんですよね〜。

a0960_003994

生乾きだとぞうきんを放置したときのような
嫌な臭いになるので、部屋干し否定派もいらっしゃるようです。

でも、最近では部屋干し用の洗剤やいい香りのする
柔軟剤
が出ているのでそれさえ使えば問題ナッシング!

部屋中フローラルな香りで超快適です♪

干す場所がない場合には、
ホームセンターなどで1000〜2000円ぐらいで
突っ張り棒が買えるので思い切って買ってしまいましょう!

加湿器買うより安いですからね^^

スポンサードリンク

3、部屋に霧吹きをまき散らす

100均で売っている霧吹きに水を入れて
シュッシュッ!するだけで湿度はすぐ回復♪

超速攻で乾燥を防ぐことができます。

一定時間おきにやらないといけないので、
非常にめんどくさいですがね^^;

ちなみに水の代わりにお茶を入れると、
せきやくしゃみも止まる
ので、
風邪気味の方にはオススメです!!

4、お風呂場のドアを開けておく

a1180_009186

これはお風呂場にお湯を入れた状態で、
ドアを開けて湯気を部屋中に行き渡らせる方法です。

ホテルなどの狭い部屋の場合には
かなり有効
なので、旅行先では寝る前にやっています^^

ホテルに泊まると乾燥している時が多いので、
これやらないと次の日喉がやられちゃうんですよね〜。

ちなみに余談ですが、
ほとんどのホテルではフロントに言えば
加湿器も貸してくれます

数は限りがあるので、
泊まる前に予約しておくのがポイントです♪

冬場ホテルに泊まる機会があれば、
この両方を是非活用してみてください^^

5、加湿器を買う

さて、ここまでの方法を実践しても、
部屋の湿度が改善されなかった場合は、
加湿器に頼る他ありません。

部屋の湿度あげるためだけに
買うのもしゃくなんですけどね^^;

でも、加湿器さえあれば
目標の湿度も軽々とクリアしてくれます。

a0001_017105

小さなお子さんや高齢者の方がいる場合は、
是非検討してみてください。

ちなみに、湿度が上がれば体感温度も上がるので、
暖房もつけなくても済むとよく聞きます。

私は寒がりなのでさすがに暖房ナシは
考えられませんが、そうでない方は
もしかしたら電気代が浮くかも??

最後に

いかがでしたか?

最後の加湿器以外はどれも
すぐに実行できるものなので、
合わせ技でやるとなお良しですねb

ただ、元々そこまで乾燥していない部屋で
加湿をしすぎると結露やカビの原因になります。

様子を見つつ、効果がなければ
徐々に加湿のレベルを上げるようにしましょう!




スポンサードリンク


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

コメントを残す

サブコンテンツ