眠い だるいときの原因は?深刻化すると…


ちゃんと寝ているのに、日中に眠気が襲ってくる
なんてことありませんか?

眠気があると仕事や勉強に対する
集中力が下がり、思うように成果も出せず…

a0002_008023

「周りの人はちゃんとできているのに自分だけ…」
と、よく自己嫌悪に陥っていました(^_^;)

それでもなんとかしたいと思い、
眠いのをこらえて小難しい睡眠関連の書籍を徹底的に調べた結果、
眠気と言っても様々な原因があることがわかりました!

「どうにかして眠気を飛ばしたい!」
と思っても原因が分からないのでは
解決もできませんからね( ・`ω・´)

ということで、

今回は眠いときやだるいときの原因と、
それぞれの対処法について
ご紹介したいと思います!

スポンサーリンク

日中に眠いときやだるいときの原因は?

1,働きすぎやストレスの影響

「毎日残業で帰りはいつも終電><」
「休みなんてないのが当たり前!」

という世間的にブラックと言われている企業に勤めている方は、
働きすぎやストレスによる自律神経の乱れ
睡眠に悩んでいるケースが多いです。

人というのは日中は活発的な交感神経が働き、
寝ている間など落ち着くときは副交感神経が働くことは
聞いたことがあると思います。

これのおかげで夜はぐっすり、
昼間はバリバリ働けているわけですね^^

しかし、連日遅くまで仕事したり、ストレスにおかされると
交感神経が夜にシフトしてしまいます。

その結果昼間にすごい眠気を
感じてしまうようになるのです。

この場合は深刻化すると、
夜に交感神経が働いて不眠になることもあります。

布団に入ってずっと目が覚めたまま朝を迎える…
考えただけでもゾッとします><

そうならないようにするために、
まだ眠いだけのうちから早めに改善したほうがいいですねb

a0002_008530

症状を改善するのに手っ取り早いのは、
もちろん夜は早めに作業を切り上げて寝ることです!

「そんなの仕事やめないと無理だよ…」

という場合には副交感神経を高める方法が効果的です。

副交感神経を高める5つの方法

  • お水をマメに飲む
  • ゆっくり、あわてないを意識して行動する
  • 朝起きたら鏡に対してにっこり笑う
  • パニックになったら一旦動作を止める
  • 5秒息を吸って、10秒吐く


特に5番目の呼吸はすぐに副交感神経を高められる
オススメの方法です♪

これだけで心も体もすごく落ち着くので、
ぜひ試してみてください!

2、季節の変わり目

「一年に何度か周期的に眠くなる」
「春になると毎日のように昼寝してしまう」

など、季節の変わり目になると
体内時計が狂ってしまうため眠気が増します。

特に冬から春にかけては日が長くなり、
睡眠時間を減らす方向に働くので注意が必要です。

改善するためには、毎日体内時計をリセットするためにも
朝起きたら太陽の光
を数分間浴びましょう!

3、食べ過ぎ

a0002_010789

食欲が旺盛なことはけっこうなのですが、
強烈な眠気やだるさを感じるほどの人
過食の可能性が濃厚です!

満腹になると副交感神経が働き
誰でも眠くなることはあります。

しかし、日常生活を送るのに
支障をきたす場合は膵臓に問題が出たり、
糖尿病になってしまっているかもしれません。

特に40代以上の方はリスクも上がるので、
一日の摂取カロリーを一度確認して
おきましょう!

「でも減らすとお腹がいっぱいにならないんだけど(´・ω・`)」

そんな場合は、ゆっくりよくかんで食べることで
満腹ホルモンがたくさん出てきて満腹感を満たしてくれます!

パートナーの方や、お友達と話しながら
食べると自然とできるのでオススメです♪

4、加齢によるもの

「最近夜に何度も目が覚めるようになった」
「朝早く起きるようになった」

よくお年寄りの方は朝早いと言いますが、
最近では現役世代の方でもこういう症状を
訴える人が増えています。

その原因としては、眠りを誘うホルモンである
メラトニンの分泌が抑えられていることがわかっています。

メラトニンは夕方以降暗くなってくると分泌され、
体温や血圧を下げて睡眠のリズムを作ってくれます。

a0002_008276

しかし、このメラトニンの量のピークは10歳ごろに訪れ、
段々と減っていってしまうのです><

まぁ減ってしまうものはしょうがないので、
対策としてはメラトニンのサプリ
補充するのが手っ取り早いです。

ただ、メラトニンのサプリには副作用として
悪い夢をみたり、腹痛などが起こり、
日本ではまだ未承認のため手に入りません。

個人輸入で購入する方法もありますが、
ちょっとうさんくさい店が多いです^^;

その場合には、メラトニンの代替として
休息に効果があるアミノ酸のグリシンを摂取するのがオススメ!

このアミノ酸を効果的かつ手軽に摂取できるもので、
今家族内でも話題なのがこの味の素からでている「グリナ」というものです。

→休息サポートサプリメント 味の素の「グリナ」

飲むと朝スッキリ目覚めるので、
最近寝た感じがしない方にもいいですよ♪

5、薬の副作用

意外と見落としがちなのが
使っている薬の副作用によるもの!

風邪薬や鼻炎薬などの抗ヒスタミン剤は
その代表ですね。

他にも精神安定剤を常用されている方
眠気に悩まされている方は多く、
私の職場にもいらっしゃいます。

これはなかなか対処法をたてるのが
難しいのですが、服用する時間を先生と相談して
かえてみるとかが一番
ですね。

もし時間を変えられない場合は、
少し周りを歩き回ったりすると少しは気がまぎれます。

もしくは、私の同僚はオフィスでイスに座ったままでもできる
体操でなんとかしのいでいました。

a0003_001621

☆イスに座ったままできる体操例☆

•上体ひねり

  1. イスに浅めに座って、足を肩幅に開きます。
  2. アゴを引いて、背筋を伸ばしてからお腹を引き締めます。
  3. そのままイスの背もたれなどの後ろ部分をつかんで、
    上体をねじります。

•足浮かし

  1. 上体ひねりのときと同じ姿勢になります。
  2. そのまま足を少し浮かせて8秒キープします。
  3. 4秒かけてもどします。

※やってみると意外と負荷が強いので、
きつい場合は深めに腰掛けて、机に手をつきましょう!

最後に

いかがでしたか?

ここまで、

  • 働き過ぎやストレス
  • 季節の変わり目
  • 過食
  • 加齢
  • 薬の副作用

と、5つのものをあげてきました。

原因ごとに対処法もあげていきましたが、
やはり基本的には規則正しい生活習慣を送ることです。

ストレスを抑えるために適度な運度をしたり、
趣味を持ったりするのも大事ですね。

ただし、症状が深刻な場合は自分だけで解決しようせずに、
必ずお医者さんにも相談しましょう!




スポンサードリンク


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

コメントを残す

サブコンテンツ