お守りやお札の処分方法!神社でないとバチが当たる!?

使い古してくたびれたお守りやお札

もしかしてそのままゴミ箱などに
捨ててはいませんか?

a0002_011262

お守りやお札には神社の神様が宿っている
神聖なものなので、ゴミ箱に捨てるのはもってのほかです!

他のゴミに混じって燃やされたのでは
神様も怒り心頭です^^;

ということで、今回はお守りやお札の処分方法
ご紹介したいと思います!

スポンサーリンク

お守りやお札の処分方法は?

基本は購入した神社へ!

基本的にお守りやお札は、
戴いた神社仏閣にお焚き上げとして
納めるものです。

よく初詣の時期などにお守りなどを入れる
「古札納め箱」というものが置いてあるので、
そこに入れましょう。

また入れるときはお焚き上げ料として
お賽銭箱にお守りやお札と同額程度の
お金を入れる
ことも忘れずに!

感謝の気持ちは大事ですよね(^^)

それと、神社では初詣以外でも
お守りなどの回収は行っています。

ただ箱が置いていない場合もあるので、
そのときは宮司さんに半紙などに包んで
渡してください。

境内があるような神社なら必ずいらっしゃるので^^

スポンサードリンク

戴いた神社へお返しするのが無理な場合は?

旅行先など遠方の神社でお守りを
戴いた場合など、行くのが大変ですよね^^;

そんなときは、他の神社に納めることも可能ですよ!

よく、別の神社に納めると
神様同士で喧嘩するからという声もありますが、
燃やす前にお守りの魂を抜いてくれるので大丈夫なのです♪

どうしても戴いた神社に納めたい場合は、
郵送で送るという方法も!

その場合のお焚き上げ料は
定額小為替などを同封しましょう。

神社に行く以外の方法はないのか?

a1640_000188

「近くに大きな神社がないんだけど…」
「わざわざ神社まで行くのはめんどくさい!」

なんて思っている方もいると思います。

その場合は、自分たちで焼くこともできます。

1、自分で焼く

自宅でお守りなどを焼却する場合は、
塩をかけて、感謝の気持ちを声に出して
火をつけます。

本来は祈祷して火に入れるものなので、
声を出していうことは重要です。

気持ちが伝わったら神様も
しょうがないと思ってくれるはずです(^^)

そして、燃やした後の灰は流し台などに流します。

このときに海に還っていくことを
イメージするとよいでしょう。

ただ火を扱うのは危険なので、
火消しする水は前もって準備するなど
十分に注意して行ってください!!

2、みんなで焼く

2013y10m25d_140234069

日本には昔からどんど焼きという
古くから伝わる行事があります。

これは小正月の行事で、
1月7~15日の間に正月飾りなどと一緒に
お守りやお札も焼くことが許されています。

日本全国に伝わる火祭り行事ですが、
町内会や学校などでやる場合があります。

自分で焼くのは大変なので、
近くでやっている場合は参加するのがオススメです♪

お近くの自治体に問い合わせるのがいいですね。

最後に

いかがでしたか?

ここまで3つの方法をご紹介しましたが、

「結局どれを選べばいいのか混乱した!!」
となってしまったかもしれません。

もちろん一番いいのは神社にお返しすることですが、
あなたの感謝の気持ちもとっても大事です!

最悪ゴミ箱に捨てることになっても、
神様に聞こえるように、感謝の言葉を声に出してから
さよならする
ことは絶対に忘れないでくださいね(╹◡╹)




スポンサードリンク


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

One Response to “お守りやお札の処分方法!神社でないとバチが当たる!?”

  1. タオ より:

    お守りを、お寺に返すのですがお賽銭箱に入れるんです、でもお守りがいくらなのが忘れてしまってどうすればいいですか?

コメントを残す

サブコンテンツ