軍艦島とは?心霊スポットなのか?ツアーではどこまで入れる?

2013y06m29d_133733569

最近暑くなってきて肝試しでもして涼しくなりたいなぁ~
なんて思っていたら映画のワンシーンで軍艦島なるものが出て来ました。

不気味な出で立ちをしたこの無人島…
夏に行ったら冷や汗ものの体験が出来るのだろうか?

そんな期待を込めて軍艦島について調べてみました。

軍艦島ってどんなところ?


大きな地図で見る
↑ストリートビューで軍艦島内部が見れる

スポンサーリンク

軍艦島って言ってるけど正式名称は長崎県にある端島というらしい。
周囲1,2kmほどの小さい島で、ここに5000人も住んでいたんだとか。

人口密度は今の渋谷や新宿の4倍!!だって言うから驚きです。

そもそもこの場所は1900年代中期には良質な石炭が取れる場所で、
利益が莫大にとれるということで炭鉱夫を集めた結果こうなった。

だから、島には警察や郵便、病院、役場など必要な施設があり、
色んな娯楽施設もあったそうな。(遊園地やプールまで)

でも、それは軍艦島の光の部分。

軍艦島には今の日本では考えられない強制労働施設という闇の一面もあった。
まさにカイジの地下王国のような場所だったんでしょうね。

2013y06m29d_151559582

中には過酷な労働に耐え切れず自殺をした人や、
施設から逃げようと試みるも失敗してしまい、拷問を受けた人も…。

しかし、1960年以降にはエネルギーが石炭から石油に取って代わるようになり、
1974年に閉山し、無人島になり今の廃墟になったようです。

軍艦島に心霊スポットはあるのか?

2013y06m29d_132354674

自殺した人や拷問されて亡くなった方などがたくさんいることから
心霊スポットとしての話もあるが、どちらかというと歴史的廃墟として見たほうがいいと思う。

軍艦島にキャンプしたら翌日一人行方不明になったとか、
写真を撮ったらビルの影に人が写っていたなど心霊話はあるにはある。

だが、それらを期待して軍艦島に行くとおそらくがっかりするでしょう。

スポンサードリンク

軍艦島のツアーについて


↑実際のツアーの様子

一時期は軍艦島への入島は原則禁止されていたが、
今では定められた観光ルートならば見て回れるようになったそうです。

ただし、入れるところは3ヶ所のみと制限されて、自由に見て回れないので
少し残念な気もする。

ただ、ツアーには実際に軍艦島に住んでいた方などがツアーコンシェルジュとして
当時の軍艦島のことも織り交ぜつつ語ってくれるので、より深い軍艦島の謎を知ることができる。

現在軍艦島内部はグーグルのストリートビューで見れるので、
気になった方はみてみるといいでしょう。



※ツアーの申し込みについては下記のHPからできるそうです。
(料金は大人3000円後半程度、1日2便の2時間20分の船旅)

軍艦島コンシェルジュはこちらから




スポンサードリンク


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

コメントを残す

サブコンテンツ