台風対策 窓ガラスが危険?予防方法は?

typhb

今年も台風が上陸してくる季節になって来ました。

特にこの時期は梅雨前線と重なるため、
台風も通常よりも激しくなる場合が多いです。

そんなときに窓ガラスが割れた日には…
部屋は廃墟と化すことまちがいなし
でしょうw

そういうわけで、今回は意外と侮れない窓ガラスの危険度や
割れないための対策
をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

台風で本当に窓ガラスが割れるのか?

実際に台風で窓ガラスが割れた!!と経験した方は
台風の勢力が衰えていない状態の沖縄や九州在住の方で多いと思います。

しかし、最近では地球温暖化の影響もあるので
首都圏でも窓ガラスが割れることがあるようです。

201082394543vqdBqfvInn

実際には暴風単体で割れるのではなく、
物が飛んできてぶつかることでガラスが割れます。

そのため、周りに物をおいておくと非常に危険です。
小石やちょっとした濡れ雑巾でも割れることがあります。

台風が近づいていると知ったらすぐに
ベランダにあるものなどは室内に入れておくようにしましょう。

台風で窓ガラスが割れるとどうなるのか?

割れた場合強風と激しい雨が家屋内に容赦なく打ち付けてきます。

・雨の被害
→窓から遠く離れたところも水浸しになる 最悪部屋中
→パソコンなどの家電が全滅

・風の被害
→窓ガラスの破片が粉々に飛び散る
→書類などの軽いものが飛ぶ 

などなどの大惨事な状態になります。

もしワンルームなんかだったら外にも出れないし、
部屋も水浸しで逃げ場なしです。

スポンサードリンク

台風で窓ガラスが割れないための対策は?

ここまで窓ガラスが割れると大変なことに!!と驚かしてきましたが、
実際に窓ガラスが割れるには最大風速20m以上の風が必要です。

20mの風というと、しっかり体に力を入れないと
転倒するぐらいの強さですね。

よく台風中継をするときに人が飛ばされそうになってることがありますが、
台風中継している人が今にも倒れそうな場合は窓ガラスが割れる危険がありますね。

そんなときは、まずは窓ガラスが飛散しないように
内側からガムテープでバツ印や米印に貼ります。

できれば窓ガラスに強化フィルムを貼ると良いのですが、
自分で取り付けても1枚あたり5000円ぐらいかかるので
そこは経済状況と相談ですね。

photo_2

完全に割れないようにするためには
物が当たらないようにする防風ネットを買うのがいいでしょう。

ダンボールで補強したりするのもいいかもしれません。

また万が一割れてしまった場合には部屋から巨大扇風機を使えば
部屋に雨水が入ってこないかも!?
(入ってきても責任は取れませんw)




スポンサードリンク


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

コメントを残す

サブコンテンツ