スイーツデコの作り方!粘土でクッキー♪

1.制作物の説明

クッキーを石粉粘土でつくってみました。

「型抜きクッキー」
「絞り出しクッキー」
「ジャムクッキー」

の三種類を作成しました。

f_7

  • 難易度 低め ※5段階で2.5程度
  • 所要時間 10時間くらい(乾燥時間含まず)



スポンサーリンク

2.材料・道具

(粘土成型の材料、道具)
tool_1

  • 粘土
    「軽量石粉粘土プルミエ」(パジコ)を使用しました
  • 粘土ベラ
  • ワイヤーブラシ(または固めの歯ブラシでも可)
  • 金属製小型やすり
  • クッキー抜型
    (文字スタンプ付のクッキー型は100円ショップで購入)
  • のし棒
  • 布(デコボコした質感のあるもの)


(彩色の用具・1)
tool_2

(彩色の用具・2)
tool_3

  • モデリングペースト
  • ジェッソ
  • アクリル絵の具(黄、茶系)
  • スポンジ
  • 絵の具皿、ペーパーパレットなど


(イチゴジャム作成の用具)
tool_4

  • エポキシ系接着剤
  • 油絵具(赤、茶系)
  • つまようじ
  • ペーパーパレット


・その他の用具

生クリーム用絞り出し袋
スイーツデコ用パーツ

3.作り方

*成型をしましょう

A:型抜きクッキー

(1)

ck_1

粘土は水を少しずつ付けながら適度な固さによく練り、
のし棒で伸ばします。

伸ばしたい厚さに厚紙等を重ねて、
左右に置いて伸ばすと厚みが均等になります。

(2)

ck_2

布の上に置いて好みの型で抜きます。

ck_3

あればクッキー用の文字スタンプを押します。

ck_4

布の上で作業をするのは、裏側に質感をつけるためです。

(3)

ck_5

表側をワイヤーブラシでこすったり叩いたりして、
クッキーの表面のカサカサした質感を出します。

ck_6

右はワイヤーブラシで質感をつけたもの、
左はつける前のものです。

B:ジャムクッキー

(1)

ck_7

ジャムクッキーは、同じ型で抜いたものを2枚一組で用意し、
一枚は容器のキャップ等で丸く窓を抜きます。

(2)

ck_8

乾燥させてから、窓を抜いたものをもう片方の上に重ね、
柔らかく練った粘土でくっつけます。

再度乾燥させます。

C:絞り出しクッキー

(1)

ck_11

粘土に水を加えてかなり柔らかめに練り、
絞り出し袋に詰めます。

(固いと絞り出しにくいです)

(2)

ck_12

棒状に絞り出します。

(3)

ck_13

両端をもってクルクルとねじります。

(4)

ck_14

ck_15

クッキーの形になるよう丸くします。

真ん中はあとで埋めるので、
穴があいていてもふさがっていてもどちらでも構わないです。

そのままいったん乾燥させます。

(5)

ck_151

乾いたら、裏側に粘土をつけて粘土ベラなどで平らにします。

表側も必要があれば整えます。

(6)

ck_152

ck_153

裏側を布に押し付けて質感をつけます。
再度乾燥させます。

*色をつけましょう

(1)

ck_9

よく乾燥(自然乾燥で2,3日程度)させたら、
下地塗りをします。

(必要であれば塗装前に細部をやすり等で整えます。)

モデリングペーストとジェッソを6:1くらいの割合で混ぜ、
(モデリングペースト大さじ1対ジェッソ小さじ1/2くらい)
水を適宜(大さじ1から2くらい)加えてよく混ぜ、塗りやすい粘度に調節します。

アクリル絵の具の黄色系、イエローオーカーなどを少量加えて混ぜ、
薄いクリーム色(ホットケーキミックスを溶いたときの色のイメージ)
にします。

(2)

ck_10

乾いたら2、3度重ねて塗り、よく乾燥させます。

(3)

ck_17

焼き色をつけます。

アクリル絵の具のイエローオーカーをペーパーパレット等に出し、
水を少しだけ加えて固めに溶きます。

スポンジにとったら、いきなり塗るのではなく、
いったんペーパータオル等にトントンと軽く押し付け、
水分を取ってからクッキーへ色をつけるのがポイントです。

(4)

ck_18

ふちから内側にかけて、
スポンジでたたくように色をつけていきます。

同様に茶系の絵の具で、薄く何度も色を重ねていきます。

クッキーの実物や写真等をみながら、
ていねいに焼き色をつけましょう。

(5)

ck_19

左:下地を塗ったもの
中:焼き色一回目
右:何度か重ねたもの

(6)

型抜きクッキーはこれで完成です!

*ジャムクッキーと絞り出しクッキーの仕上げ

(1)

ck_81

ジャムクッキーは、
焼き色をつけ終わった状態で用意します。

油絵具の赤系、茶系(ごく少量)を混ぜ、
イチゴジャムの色をつくっておきます。

ペーパーパレットを小さめにカットし、
エポキシ系接着剤のA剤とB剤を同量ずつ出し、よく混ぜます。

混ぜると徐々に硬化が始まるので、
ここからは手早く作業しましょう。

※接着剤の説明書にしたがって混合してください。
B剤は臭いがあるので作業中は換気に注意します。

(2)

ck_82

接着剤に色をつまようじ等で少量混ぜます。

乾くと色が濃くなるので、
ちょっと薄いかな…というくらいで大丈夫です。

(3)

ck_83

ck_84

ムラなくよく混ぜたものをつまようじ等で、
ジャムクッキーの真ん中の部分に詰めていきます。

何度かに分けて少しずつ足していっても大丈夫です。

混ぜるとすぐに粘度が高くなり作業がしにくくなるので、
めんどうなようですが、一個分ずつ接着剤+色をつくり
詰めていった方がやりやすい
です。

ベタベタするので、
しっかり固まるまで表面に触らないように気をつけましょう。

(4)

ck_85

焼き色をつけ終わった絞り出しクッキーは、
真ん中の部分に、スイーツデコ用のベリー等をボンドで接着します。

(5)

ck_86

ジャムクッキーと絞り出しクッキーの出来上がりです!

(6)

f_7

完成したクッキーをお皿に盛り付けしてみました。

※応用編

容器やビン等のふたに貼り付けて
デコレーションしてもかわいいですね。

f_8

クッキーは木などのナチュラルな質感なものによく合うので、
リースにデコレーションすれば、おしゃれなインテリアに変身♪

f_9




スポンサードリンク


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

コメントを残す

サブコンテンツ