フェルトのケーキの作り方!初心者の方でも簡単♪

おままごとやインテリア用に♪
フェルトのケーキの作り方!

37 fin

色の種類が豊富なフェルトで、
おいしそうな果物やクリームがたくさんのった、
ケーキを作ってみました!

一気に作れば、2時間くらいで出来上がるという
Time is Moneyな世の中にぴったりのフェルトケーキです^^

ビーズやボンドを使うので、
3歳くらいから、口に入れなくなったら遊べますね。

もちろん大人でも十分に楽しめますb

細かい作業で立体作品なので、
手縫いに慣れてきた初心者さんから
是非チャレンジしてみてください♪


スポンサーリンク

フェルトケーキにつかう材料は?

1 tool

材料

  • 18〜20cm角フェルト
    (薄ピンク、濃ピンク、白、赤、紺、黄緑)
  • フェルトに合った色の手縫い糸かミシン糸
  • 手芸綿
  • ビーズ
    (パールビーズやスワロフスキー 3〜6㎜、ベリービーズ、丸小ビーズなど、お好みで)
  • ラメパウダー、ラメのりなど
  • トーションレース 1〜1.2㎝幅のもの 15㎝


道具

  • ハサミ(先の細いもの)
  • チャコマーカー(時間がたつと消えるタイプのもの)
  • 割り箸(綿詰め用)
  • のり、定規、手芸用ボンド、クリップ
  • 型紙用の紙
  • 針、ビーズ用針(丸小ビーズが通るもの)
  • ピンセット


※1 糸は、パッチワーク用に手縫い糸が扱いやすいですが、
ミシン糸でも大丈夫です。

※2 消えるタイプのチャコマーカーだと仕上がりがきれいですが、
鉛筆や色鉛筆でもOKです。

フェルトのケーキの作り方

型紙を作ります

2 pattern

赤で書いてある数字は寸法です。

3 pattern

厚紙にのりで貼ってから、ハサミで切ります。

型紙がきれいに作れると、
作品もきれいに仕上がります
ので、丁寧に・・・。

しっかりした型紙を作っておくと、
後でたくさん作るときにも便利ですね。

4 pattern

型紙が出来上がりました。

5 pattern

型紙をフェルトに写し取り、
パーツをハサミで切り抜きます。

ブルーベリーのヘタ(1㎝角の四角)も切っておきます。

クリームは、白4枚ピンク3枚で作ります。

厚紙で、台に使う芯も2枚作っておきます。

6 pattern

パーツが揃いました。

さあ、縫いましょう!

台を作ります

7 pink

上部分と側面を、
ブランケットステッチで縫い合わせます。

糸は、上部フェルトの色に合わせます。

ひと針目を縫うとき、針に糸を2回かけると、
しっかり縫えます。

8 pink

側面を上部分のカーブに沿わせながら、
縫い進めます。

画像では3mm幅くらいで縫っていますが、お好みで。

小さいケーキなので、
細かめに等間隔で縫えるときれいです。

9 pink

余った側面を、重ならないように
ピッタリの長さに切ります。

10 pink

糸の色を側面のフェルトの色に変え、
まつり縫いでとじます。

11 pink

上部分の厚紙芯を入れ、綿を詰めます。

12 pink

下部分と側面を、ブランケットステッチで縫い合わせます。

画像のように、厚紙芯と下部フェルトで、
綿を押さえ込みながら縫っていきます。

13 pink

あともう少し。

綿が足りなそうなら、ここで調整します。

14 pink

最後まで縫ったら、台の出来上がりです。

玉どめは、縫い目の間から針を入れて糸を引き、隠します。

イチゴを作ります

15 berry

丸小ビーズを7粒、
ビーズ針など細い針を使って縫い付けます。

ビーズは2度縫いすると、しっかり付きます。

後で下側を絞るので、
あまり下のほうには付けないようにします。

もし透明糸をお持ちなら、使うときれいです。

なければビーズと近い色で。

16 berry

両端を合わせ、ブランケットステッチで縫います。

先端(尖ったほう)から始めるとズレません。

17 berry

2本どりの糸でぐし縫いし、
綿を詰めて絞りとめます。

最後に底穴に何度か十字に糸を渡して、
しっかり縫っておきます。

ブルーベリーを作ります

18 bberry

2本どりの糸で、
外側から2mmくらいのところををぐし縫いします。

19 bberry

綿を入れて引き絞り、
玉どめでしっかりと留めます。

最後に何度か十字に糸を渡して、
しっかり縫っておきます。

20 bberry

へた部分を縫い付けます。

下の穴から上部へ針を出し、
画像のようにヘタに通して、また下へ。

ヘタのところで十字になるように、2回縫います。

21 bberry

上から下にぐっと糸を引くと、
少し凹みができてヘタの周りが浮き上がります。

下で玉どめをします。

クリームを作ります

22 cream

糸は2本どりです。

7枚を重ねて下から縫います。

画像のように7枚全部に針を通して、
荒めに6〜7回でまつり縫いします。

23 cream

糸を引き締めて玉どめし、形を整えます。

上から順に丁寧に引き締めていくと、
うまく形になります。

ミントを作ります

24 mint

下側を二つ折りし、ボンドをつけた後、
貼りつくまでクリップなどで挟んでとめます。

25 topping

いよいよ盛り付けです。

始めにラメのりを台に塗っておきます。

パウダーの場合は、
ボンドを薄く塗ってラメを振りかけます。

26 topping

バランスよく、しっくり来る位置をたしかめながら、
パーツをボンドでとめていきます。

ボンドはたっぷり目に。

台の側面の縫い目が、後ろ側になるようにします。

27 topping

ビーズをちりばめると、
キラキラ感が増してきれいです。

細かいところはピンセットで。

28 topping

側面にボンドでレースを付けます。

縫い目のところに、
レースの端がくるようにします。

29 pink

完成です!

30 brown

少しのアレンジで、
全く違う雰囲気のケーキができます。

チョコレートケーキも作ってみましょう。

追加材料は、こげ茶、エンジ、薄黄色、
3枚のフェルトだけです。

クルミを作ります

31 nut

型紙はブルーベリーと同じものを使います。

丸くするまでの作り方は、
ブルーベリーと同じです。

2本どりの糸を下の穴から差し込み、上中心に出します。

32 nut

糸を下までぐるっと回し、
もう一度上中心の同じ場所に出します。

34 nut

これを6回繰り返し、6等分します。
均等でないほうがナッツらしくなります。

35 nut

糸を横に渡して何ヶ所か縫います。

クルミのようにデコボコした感じに・・・。
下で玉どめをしたら完成です。 

36] brown

ピンクのケーキと同じようにイチゴとクリームも作って、
トッピングしたら完成です。

ラメとレースは金色に、
ミントの形も少し変えてギザ葉にしてみました。

37 fin

かわいいピンクとクールなチョコレート、
どちらも美味しそう・・・。

38 wrapping

リボンやスタンプを使ってでラッピングすると、
とってもキュート♪

かわいい物好きな大人の方にも、喜ばれます。




スポンサードリンク


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

コメントを残す

サブコンテンツ