お正月飾りの作り方!玄関にぴったりのリース♪

今回は玄関の飾り付けにぴったりのお正月飾りのリースを
作ってみました!

batch_1

最近は家の中の季節感が薄れてしまっている我が家なのですが、
お正月くらいは盛り上げていこうと思い立ち、
玄関用のお正月飾りを作ってみました。

どうでしょう?お正月っぽく出来ているでしょうか?

リボンで昭和モダンでおしゃれな感じを出しつつ、
費用は抑えられるようにリースは100圴の麻ひもで作りました!\(^o^)/

直前に、松葉や南天など生の緑を加えるとパワーアップ間違いなしですb
是非挑戦してみてください!

スポンサーリンク

お正月飾りの作り方

材料

batch_2

麻ひも     20m    100円ショップで30mの物が売られてました。
造花用ワイヤー 直径1mm  23cm 丸くカーブをつけてあります。針金でかまいません。

和柄の布    23cm×17cm 5cm×6cm 各1枚 リボンに使います。
オーガンジー白 20cm×15cm (3cm×3cm 5枚を5セット+底布5)梅小花5個分。 
赤い布     25cm×25cm (5cm×5cm 5枚を3セット+底布)梅大輪3個分。  
画用紙     5cm×15cm  梅大輪の台紙になります。
リボン白    70cm
布用ボンド
両面テープ
鈴      2個 鈴の音は福を呼んでくれるらしいですよ。
ビーズ各種  大小の花の芯と、鈴をつなげるために使います。
縫い糸、針 
紐赤     50cm
紐緑     90cm  
リボン金   
はさみ
ピンセット

土台の作り方

batch_3

まず、土台を作ります。

麻ひもを1mの長さで20回巻き取ります
撮影の都合で曲げていますが、のばすと全長1mです。

これを、片端をしっかり押さえて、もう片端をねじります。
これ以上ねじれないくらいに、クルクルねじります。

batch_4

ねじった後、半分に折ると勝手にねじってまとまります。
これで全長50cmの縄になりました。

折る時に中心を押さえると奇麗にまとまります

batch_5

丸くなるよう両端を合わせて麻ひもで巻いて結びます。

batch_6

上半分だけ補強します。

直径1mmの造花用ワイヤー23cm使っています。
針金でも大丈夫です。

ワイヤーを何か丸い物に巻いて型を付けておきます。
これはお菓子の筒を使いましたが、まるいお皿なども利用出来ます。

batch_7

こんなかんじで、よった中にワイヤーを差し込んでいきます

batch_8

右下に少し出ていますが、これも中に入れ込んで見えなくします。
これで土台は完成!

スポンサードリンク


梅飾りの作り方

batch_9

つまみ細工風の梅大輪1つ作ります。

花びらの布     5cm×5cm 5枚
丸台紙(画用紙)  直径3.5cm 1枚
台紙を包む布    直径5cm、3cmの円 各1枚
花芯のビーズ    1個 

ボンド作業になるので、クッキングシートを敷いています
ビニールの下敷きなど、布がくっつかないものをご用意下さい。

batch_10

5cmの丸い布の上に台紙を置き、淵にボンドを付け包みます。

batch_11

残りの布を貼付けたときに、
はみ出さないくらいにボンドを付けます。

batch_12

中央に貼り、全面包みます。

batch_13

花びらをピンセットを使って折っていきます。

あらかじめボンドを少し出しておきます

batch_14

対角線に半分に折ります

次画像で、上の角を下の角へ合わせます。

batch_15

上の折り端が少しずれていますが、2枚が折り重なっています。

下に上の角が合わさって角がダブルになっています。

次の画像で下の角の表を手前上角に、裏を後ろ上角に合わせます。

batch_16

上の角に4つの角が集まりました。

この左辺にボンドを付けて固めます。

ちなみにピンセットは今逆手で持っています。

batch_17

くるんと回して合わせた辺にボンドを付けます。

batch_18

左指でつまんでボンドを行き渡らせるとともに合わせ固めます

1回ごとに指がベタベタになるので、
水で湿らせたテッシュなどを置いて指を拭いて下さい。

batch_19

シートの上に乗せ、指で押さえて丸く花びらの形を整えます。

花芯の方になる先は広がらないように
ピンセットではさんでおいて下さい。

batch_20

5枚できたら台にボンドを付け花を組み立てます。

batch_21

中心を合わせてバランスに気をつけ、花が出来たら、
中心にボンドをつけてビーズを乗せます。

これで完成!

今回は、この梅大輪を3つ作りましたb


オーガンジーの小花の作り方

batch_22

次にオーガンジーの小花です。

布 3cm×3cm 5枚

同じように作りますが、オーガンジーは張りがあり、
接着面が少ないので、くっつくまでに少し時間がかかります

2分ぐらい指ではさんで、
ゆっくり滑らせるように指をはずすとうまくいきます。

また、台にボンドで付ける際にも形作るのに時間がかかるので
両面テープで貼っていきます。

台は、左下に写っていますが、丸く切ったオーガンジーに直接両面テープを貼って
その上に花びらを置きます。

batch_23

台の上に、花びらを5枚貼付けて形を整え、
ボンドをつけてビーズを3つ
付けました。

今回は、この小花を5つ作ります。


リボンの作り方

batch_24

和柄の布でリボンを作ります。
横17cm、縦23cmの布です。

batch_25

裏返しにして中心で1.5cm合わせます
これで縦10cmになっています。

左右の辺1cm内側(赤い線)を縫います。
ミシンでも手縫いでもかまいません。

中央の合わせた部分は開けたままにします。

batch_26

中央の開いた部分から表に返します。
角は奇麗に出して下さい。

縦10cm、横15cmになっています。

batch_27

リボンの高さを出さないために、
中心に針を刺して5mm幅の縫い目で縫っていきます

batch_28

縫い終わったら、ぎゅっと引っ張って糸をリボン中央で巻き、
縫い刺して玉止めします。

5cm×6cmの友布を中心に巻き止めます。

batch_29

短い方の両辺を内側に折り込み2cm幅の帯にして巻いて下さい。

最後は裏で折り込んで糸で止めます。

batch_30

これで大体パーツがそろいました。

鈴とパールビーズは糸でつなげています。

あとは飾り付けです!


お正月飾りの飾り付け作業

batch_31

縄にリボンを糸で縫い付けます。

batch_32

白いリボンをジグザグに折って縫い止めます。

のしの文字を頭に浮かべて、
リボンの垂れた長い方が地面に垂直になるように付けています

batch_33

赤い紐50cmを水引のように丸め付けます。
紐を大きい丸、小さい丸と回して糸で止めます。

リボンの中央より、少し上へ付けています。
沢山つけますので、かさばらぬようにバランスよく付けて下さい。

切り端を両方左上へ向けて止め付けます。

batch_34

パールとゴールドのビーズの先に鈴を付けたものです。
ちょっと下の方に付けています。

batch_35

緑の紐30cmをリボンに結んだ物です。
赤い紐の下方に付けます。

batch_36

金のリボンを紐で結びつけます。

金のリボンは1,2,3の順序で丸めて作るリボンで、
最後はホッチキスで止めています。

和柄のリボンの対角線上に、緑の紐60cmでしっかり結びます
このとき、リボン結びですが緑紐の片方の外側になる足は短くして下さい。

batch_37

上にも金のリボンを付けます。

リボンの輪は上2下1で、図1のようにたたんで中央をホッチキスで止めます。
白いリボンに垂直になる感じで糸で縫い付けて下さい。

もう一息です!

batch_38

緑の紐の上に梅大輪をボンドで付けますが、
バランスを見るために両面テープで付けて試してみてください。

batch_39

小花を、散らすように付け、紐やリボンは好きな長さにカットし、
全体を整えて出来上がりです♪


最後に

今回はおめでたい紅白の梅を盛りだくさんに飾りましたが
大輪1つと小花2つの右側のリボン飾りだけを、
しめ縄のようにまっすぐ円の上に付けても形になります

花は折り紙のように簡単に作れますが、
オーガンジーが扱いにくい場合は白い薄めの生地でお作り下さい。




スポンサードリンク


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

コメントを残す

サブコンテンツ