消しゴムハンコの簡単な作り方!基本編「かもめ」

手軽に作れて色んなところにぺたっと貼れる
消しゴムハンコ。

今回からそんな消しゴムはんこの作り方
画像を使って分かりやすく説明していきます!

今回は、基本編なので
簡単な『かもめ』を作成してみます^^

消しゴムハンコ初心者の方でも、
30分もあれば簡単に作れますよ♪

まずは、次の章から
消しゴムはんこに必要な道具について見ていきましょう!


スポンサーリンク

・必要な材料

1

  • 消しゴム
  • シャープペンシル(鉛筆)HBが使いやすいです
  • 定規
  • トレーシングペーパー(100均で買えます)
  • カッター(あれば彫刻刀、デザインナイフ、きりなども図案によってはあると便利)
  • カッターマット
  • 粘着テープ
  • スタンプパッド



消しゴムは100円ショップのものでいいですが、
硬さがあるので、上手く出来ない場合は
消しゴムハンコ専用のものを使うのもありですね

はんけし君のソフトタイプを楽天で結構買いましたが、
かなり切りやすくて始めたてのころは重宝しました♪

5個から送料無料になので、
まとめ買いするほど創作意欲がある人におすすめですb

消しゴムハンコの作り方!基本編

2,下絵を描こう!

2

消しゴムはんこにしたい下絵(かもめ)を紙に描きます。


※気に入ったイラストなどのコピーでも構いません。

3,トレーシングペーパーに写そう

3

下絵を描いた紙の上にトレーシングペーパーを置き、
鉛筆でなぞって写します。

4,消しゴムに絵を写そう

4(写している)

4(写ったとこ)

消しゴムについている粉を落とすために
洗うなどしてきれいにふき取っておきます。

消しゴムの上にトレーシングペーパーを置き、
爪で上からこすって消しゴムの表面に転写します。

5,切り出し線を書こう

5

絵柄(かもめ)の輪郭を囲うように
定規で切り出し線を引きます。

写真の周りの線が切り出し線です。

次からいよいよカッターを使って切り出していきます。

カッターを使うので、
ケガには気をつけくださいねb

6,不要な部分を切り取ろう

6

切り出し線から1ミリほど残して
カッターで垂直に切り落としましょう。

7,彫り始めよう

7

彫り始めます。

消しゴムを左手の指先で下から持ち
右手でカッターを持ちます。

右手の薬指と小指は消しゴムに添えると安定します。

【ポイント】消しゴムを時計回りに回しながら周りから彫ると彫りやすいです。

8,完成!!(仮)

8

粘着テープで消しゴムについた鉛筆の線や
削りかすをきれいに取り除きます。

9,押してみよう

9

インクをポンポンと軽く叩くようにむらなくつけます。

押してみて、納得いく形になるまで整え完成させます。

10,完成

10

かわいい、かもめの消しゴムはんこが完成です。

最後に

いかがでしたか?

これぐらいのサイズでしたら
そこまで苦労せずできましたかね?

もしかしたら説明足らずな部分が合ったかも…。

もし、分からないところがあったら
コメントに書いていただければお答えします
ねb

次回は細かい文字を使った消しゴムハンコの
作り方についてご紹介したいと思います!

そちらのほうもよろしくおねがいします♪




スポンサードリンク


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

コメントを残す

サブコンテンツ