てるてる坊主の作り方!布や折り紙でかわいく!

batch_1

そろそろ鬱陶しい季節、梅雨がやってきますね。

家庭はもちろん学校や職場でも
雨に悩まされる場面が沢山あると思います。

そんな季節に願掛けのてるてる坊主はいかがでしょうか?

30分くらいで簡単に出来るのですが、
出来上がりが案外可愛くて誰かにあげたくなりますよ♪

窓辺のほっこりインテリアとしてもおすすめですb


ということで、今回は布や折り紙、ティッシュなどを使って
てるてる坊主を作ってみたい
と思います!

まずは波縫いだけで作る布製の
マスコットのようにかわいいてるてる坊主から紹介しますね。

スポンサーリンク

1、布で作るてるてる坊主

batch_2

材料

  • 布 15cm×15cm 1枚
  • 型紙 直径12cm 1枚 ハガキくらいの厚さで作ります。
  • わた 少し
  • はさみ
  • コンパス
  • 刺繍糸 裾のステッチ用
        目と口用
  • アイロン



batch_3

布地にコンパスで2重の円を描きます。

大きい円は半径7cm、その中央に半径3cmの円です。

型紙は半径6cmになります。
(円はわかりやすいように濃く描いてあります)

batch_4

布地を外側の線でカットします。

batch_5

布の外端から3,4mmのところを、
5mm幅で波縫いします。

糸と針はそのまま、外さないで下さい。

型紙を用意します。

batch_6

型紙を、布中央に合わせて布の周囲の糸を引いて絞り、
丸く型をつけ中温度以下でアイロンをかけます。

batch_7

型紙を抜いて形を整え、もう一度アイロンをかけ、
玉止めをしてから余分な糸をカットします。

batch_8

表に返し、次に布端から3,4mmにステッチをかけます。

batch_9

刺繍糸で周囲に5mm幅のステッチをかけます。
糸は一本取りの二重です。

batch_10

裏に返して、コンパスで印をつけた半径3cmの円を
4,5mm幅で波縫い
します。

batch_11

中央の円をぐるりと波縫いし、
最後は縫い始めを追い越して糸を通します。

次に綿を入れて糸を引きます。

batch_12

糸を引きながら綿を詰めて形を整えます。

batch_13

糸を表に出して絞ります。

batch_14

2回くらいグルグルと糸を首に巻いて
針を刺して裏側で玉止めします。

batch_15

顔を作ります。

目、口用の刺繍糸を裏側から通します。

batch_16

糸は二重で、目は5回巻きの玉止めです。

口は左右に刺して中央に針を戻して止めてあります。
最後は裏側に出して玉止めします。

batch_17

下げる部分は二本取りの二重の刺繍糸を
裏から頭中央に出して刺し戻して裏側で玉止めします。

刺繍針が無い場合は、吊り下げヒモを糸で頭に縫い付けます。

batch_18

最後に刺繍糸で首にリボンをつけました。

出来るだけ簡単に出来るよう作りましたが、
目をビーズにしたり、ストラップを付けたり、リボンを付けたり。

色々工夫するとさらに可愛くなりそうですね(*´ω`)

すその部分は切りっぱなしでもかまいません。


2、折り紙で作るてるてる坊主

次は、簡単に出来る折り紙のてるてる坊主の作り方を紹介しますb

batch_1

先日、友人が子供を連れて遊びに来てくれました。

子供は5歳の女の子で、来るや否や
持って来た小さなバッグから折り紙を取り出し、
私に教えてくれる気満々のニコニコ顔です。

幼稚園で教わったそうで、いくつかのレパートリーを披露してくれました。

今回は、その日教わった中から、
とっても可愛いてるてる坊主を作ってみました♪

batch_2

折り紙は裏表に置きます。
次に、左右1/3のところで折っていきます。

batch_3

左側を中央に向けて1/3折ります。

batch_4

同じように右側を折り重ねます。
次に上から1/3を谷折りです。

batch_5

上から1/3のところで手前に折ります。
この部分が頭になります。

batch_6

左だけ残し、一旦開きます。
次に青い線で谷折りです。

batch_7

上部の折り線から左下の角まで、開くように斜めに折ります。

batch_8

右側を折り戻します。
次に、青い線で谷折りです。

batch_9

左上部の折り線から右下の角まで、開くように斜めに折ります。

batch_10

上部を手前に折り戻します。
次に、赤い線で山折です。

batch_11

頭の四隅を裏側へ折り込みます。

batch_12

顔を描いて出来上がりです。

いくつか作ってモビールのように吊るしたり、
テープで窓に貼るなどして楽しんでみてはいかがでしょうか?

カラフルな折り紙のてるてる坊主、気分が明るくなりますよ(*´∀`*)


3、ティッシュで作るてるてる坊主

最後はティッシュを使った
定番のてるてる坊主を作ります。

batch_1

遠足の前日には必ず姉と二人で、
このてるてる坊主を作ってお願いをしていました。

昔懐かしい定番のてるてる坊主ですが、うまく吊り下げるための
ちょっとしたポイントがある
んです^^

さ〜て、なにかな〜?

batch_2

材料

  • テッシュ2枚1組 3組
  • ヒモ 凧糸を用意しましたが、糸なら何でもかまいません。
  • 油性のペン


batch_3

ティッシュを2組を互い違いに置きます。

batch_4

1組のティッシュを丸めて中央に置きます。

batch_5

丸めたテッシュを包み、首のところで絞ります。

batch_6

ヒモの中央を首に合わせて、ヒモを2回巻いて結びます。
ずれないようにもう一度結びます。

batch_7

下げる部分が輪になるようにヒモの端を結びます。

batch_8

顔を描いて出来上がりです。

ポイントは1つ、頭を大きくしすぎない事です。

バランスが悪いと逆さまになっちゃいますからね。

最後に

いかがでしたか?

どれも小さなお子さんでも簡単に作れるはずです♪
是非親子で一緒に楽しんでお作り下さい。

あーした天気になぁ〜れ!




スポンサードリンク


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

コメントを残す

サブコンテンツ