子供用三角巾の作り方!ゴム付きで脱着が簡単♪

前回紹介させていただいたエプロンに引き続き
今回は脱着可能なゴム入り三角巾を作ってみましょう!

batch_1

姪っ子のために小学校の調理実習用のエプロンを作ることになった私ですが、
三角巾にゴム入りなんて始めて聞きました!

えっ、おそいって?

おそいですよね、皆さんきっとご存知だったんでしょうね(>_<)

とまぁそんな時代遅れな私のことは放っておいて、
姪っ子に頼まれたゴム入りの三角巾を気合いで作っていきたいと思います!

今回は、頭のサイズ53、4cmくらいの物を作りましたが、
ゴムの長さ次第で何センチでも大丈夫ですよb

スポンサーリンク

使用する材料

batch_2

・生地

60cm×35cmを5cm幅から三角にカット
60cmの頭に巻く部分は伸びない縦布でカットする事をおすすめします。

・ゴム 

幅7mm×10cm(頭のサイズによって長くして下さい。)

・針と糸


ゴム付き三角巾の作り方!

今回もミシンを使って縫っていきます!

batch_3

三角の斜めの部分を5mmの三つ折りにしてステッチをかけます。

左右の5cmは端ミシンをかけ5mm折り、アイロンをかけます。

下は5mm折ってアイロンをかけます。

batch_4

下を2cm折り曲げアイロンをかけます。

batch_5

右側を一旦ひらいて、ゴムを右から6cmのところに合わせ
待ち針でとめます。

batch_6

三つ折りを戻して待ち針のすぐ右を、
外れないように返し縫いも忘れずに2本縫います

batch_7

左から6cmのところに待ち針をとめて、
右側から左の待ち針の1〜2cm手前まで(赤い線
三つ折りの上端2mmのところにミシンをかけます。

画像はまだ縫っていないのでゴムが斜めに出ていますが、
ゴムを縫わないように気をつけて下さい。

batch_8

左の角を右側に回しゴムでつなげます。

ゴムを縫った方の布をしごいて、ずれないように待ち針でとめます

ゴムを縫った部分から7cmで直角に折り曲げ
三つ折りに差し込むようにして入れてとめます
(ゴムの長さは頭のサイズに合わせて調節して下さい。)

batch_9

左から6cmのところで縫い目を2本作ってしっかりゴムを縫いとめます。

batch_10

飛び出たゴムを切って三つ折りのふちを同じように続けて縫います。

通常はつながって見えますが、
脱着時きつくなるので左右の布は直接縫いつなげないで下さい。

batch_11

表を出してアイロンをかけて出来上がりです。

子供の体型はそれぞれで、成長によって結構差があります。

サイズの目安はゴムを入れない部分の長さプラス、ゴムの長さになります。

お子さんとサイズ合わせをしながら
作ってみて下さいねb


あと、同じ柄でエプロンも作っているので、
よかったらそちらも合わせて見ていただけるとうれしいです(^_^)

エプロンの記事はこちら

最後まで閲覧していただきありがとうございました!




スポンサードリンク


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

コメントを残す

サブコンテンツ