3dネイルのやり方!かわいいお花のデザイン♪

友達に3Dアートのお花のネイルをして欲しいと頼まれたので
自分の爪で練習してみました!

画像16

細長い形のお花で八重になっているのが特徴。

リキッドは換気をよくして使ってください。

密室で使っていると、頭が痛くなる時もあります

火気厳禁でお願いします。また、臭いも強めです。

スポンサーリンク

使用する材料

材料の画像

  • ベース
  • トップ
  • くすんだブルーのマニキュア
  • ラメ
  • 銀とオーロラのホロ
  • キッチンペーパー
  • アクリルネイル用のリキッド
  • パウダーダッペンディッシュ


筆はいろいろありますが、3Dアート用のものをつかいましょう!

「筆ならなんでもいいかな?」
なんて思って絵の具用でやろうとする方もいらっしゃいますが、
筆先が細すぎてリキッドが十分に取れません><

おすすめの3d用の筆としましては、
家で使うぐらいならブルーシュの#802ぐらいでいいかなと思います。


使い終わったら、水で洗ってから乾かして、
リキッドで形を整える→キャップでふたをして
筆先を下にして立てておきましょう!

お手入れさえしっかりすれば数ヶ月は持つはずですb

もちろんいつかは毛先がバラバラになりますが(;゚∀゚)

3Dアートのお花ネイルのやり方

画像1

ベースコートを塗ります。

画像2

ブルーのマニキュアを塗ります。

画像3

塗り終わったところです。


次にアクリルで3Dアートを描いていきます。

5枚の花弁を薄く大きく伸ばして、
その上に立体的な花弁を5枚のせます。

画像4

セッティング、キッチンペーパーは適当な大きさに切って、
沢山重ねてダッペンディッシュの下におきます。

筆にパウダーが残っていると、
アートがキレイに出来ないので拭きながら作業します。

パウダーの表面は平らな方が筆につけやすいので
凸凹になってきたら、容器をトントンして均して下さい。

画像5

リキッドを容器(ダッペンディッシュ)に注ぎます。

筆を入れて、リキッドを筆に含ませます。

私はそっと容器の内側をなでるようにして調節しています。

画像6

パウダーを筆の先にとります。

画像7

こんな風に丸く、筆の先に乗る感じでとってください。

リキッドとパウダーはちょうどキレイに描けて、
扱いやすい固さというのがあるので、調節してみてください。

パウダーが多いと、ごつごつしてキレイに描けません

リキッドが多いと、流れてしまって扱いづらいです。

画像8

爪の上に筆を置く感じでのせます。

画像9

こんな感じの綺麗な丸が出来ればOKです。

画像10

のばします。筆のはらで薄く大きく伸ばしてください。

筆はキッチンペーパーで拭きながら作業してください。

だんだん固まっていきます。やわらかすぎても、
描きにくいので様子を見ながら、5枚描きます。

アクリルの固まり具合は、温度によっても違いがあります。

画像11

さっき描いた花弁と花弁の間に、
小さくて立体感のある花弁を描きます。

画像12

好みの形に伸ばして、花の中心になる部分を筆先で押さえます。

立体感を残すために、
つぶさないように筆の先で作業してください。

花の中心にストーンをのせ、ラメ、ホロをのせます。

画像13

ラメとホロを少しずつ、出します。

画像14

使い捨ての筆で、花を描かなかった指にのせていきます。

画像15

画像16

完成です♪


アクリルで作る3Dアート、
やってみるとアートの楽しみが広がります。

パウダーも白だけでなく、カラーもありますし。

ペーパーパレットの上で作って、
爪に乗せるなんていうさらに立体的なアートもあります。

難点は臭いですね。

あとは、アクリルを筆で形づくっていくところが、
楽しいけどちょっと難しいかも。

やってみるしかないので、パウダーとリキッドの割合や
動かし方は勘で覚えて下さいねb




スポンサードリンク


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

コメントを残す

サブコンテンツ