祝い鶴の折り方!玄関などのお正月飾りに♪

今回は祝い鶴の折り方をご紹介したいと思います!

鶴が折れる方なら簡単です。

お正月の玄関に、リビングに、いかがでしょう?

スポンサーリンク

祝い鶴の折り方

1

左上の祝い鶴を折ります。

2

中を表にして斜め半分に折ります。

3

もう半分に折ります。

4

三角の1枚を立ち上げ、中を割ります。

5

そのままつぶすように四角く折ります。

6

裏側の三角も同じように折ります。

次に青い線で谷折りです。

7

上になった四角い部分に折り目をつけるため、左右と上部を折ります。

8

広げます。

9

上の紙1枚を持ち上げます。

10

折り目に沿って折りたたみます。

11

裏返します。

12

上になった四角の部分の右半分を直角に持ち上げ中を割ります。

13

均等につぶすように折ります。

14

左半分も同じようにつぶして折ります。
中央で折ると4枚の辺が出来ています。

15

4枚の辺を、また同じようにつぶし折ります。

16

4枚の辺を全てつぶし折ります。
8枚の辺が出来ています。
羽が出来ました。

17

たたんだまま、中央で広げます。
左右4枚の辺が隠れています。

次に、青い線を谷折りです。

18

中央の三角部分を下に折り曲げます。
次に青い線を谷折りです。

19

中心から半分に折ります。
画層は横向きになっています。

次に青い線を谷折りです。

20

中央の折り目に下の辺を合わせるように折り曲げます。

21

一旦開いて、その折り目で外側から包み込むように折ります。

22

そのまま折ってたたみます。

23

首と頭の2カ所にも折り目をつけます。

24

同じように一旦開いて折り目に沿って内側へ折り込みます。

25

しっかり折りたたんで羽を広げれば出来上がりです。
豪華な鶴が出来ました。
おせち料理の箸置きとしてもお使いになれます。




スポンサードリンク


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

コメントを残す

サブコンテンツ