ウェディングベールの簡単な作り方!初心者でも安心♪

今回はとっても簡単★ウェディングベールの作り方をご紹介します。

34:イメージ

腰くらいまでの丈のベールです。

手作りというとハードルが高く感じるものですが、
ベールは洋服のように何mの布で、
寸法はきちんと図って作らないといけない!!!

というようなことは全く無いので、
裁縫初心者の方でも安心して作る事ができます^^

布の長さやデザインはオリジナルでどんどん作ってくださいねb

では、早速使用する材料から説明していきますね!

スポンサーリンク

~材料~

○ポリエステル シャー 1.2m×1.3m(最低でも布幅は1m以上は必要です)
○レース 4m(上記サイズであればちょうど4m使い切る感じです。)
○櫛
○バイヤス 櫛の幅分(なければ、端布などでも可)
○画用紙(型紙用)

1:材料

2:画用紙

ちなみにシャーはこういう生地です。

3:材料

~作り方~

4:型紙

まずは、画用紙を2つ繋げて、円の1/4サイズの物を作ります。

この際の半径は布幅にもよりますが、
今回は布幅が1.2mだったので大体半径60cmくらいです。

5:布

布を折り曲げます。

角と角がきちんと合うように折ってください。

6:布

今回は丸い円と言うより、気持ち縦長にしたいので
こんな感じで上に寄せて型を取りました。

7:布

8:布

布に線を引く前に、まち針で布がズレないように固定します。

9:布

できるだけ薄く線を引きます。

写真では薄くて線がわかり辛いですが、あまり濃く色を引くと
仕上げの段階で色が浮いて見えてしまうので注意してください。

10:カット

線を引き終わったら、線から2~3cm外をカットします。

11:レース

12:レース

次にレースを準備します。

使用するレースは大体5~10cmほどの幅が広めの物が可愛いと思います。

13:レース

線を入れた生地とレースを合わせて
まち針でクルッと一周留めていきます。

14:レース

止める際に線がきちんとレースで隠れるように留めます。

15:レース縫い

レースの上部をまずは縫い付けていきます。

16:レース縫い

カーブの部分は布が寄り易くなるので、その点気をつけて縫っていきます。

17:レース仮縫い

一周縫い付けます。
個人差はありますが大体1~2時間あれば縫い付けができると思います。

18:レース下

次にレースの下部を縫っていきます。

19:レース下カット

レースの下部を縫い付けたところは、レースの形に合わせて
はみ出ている生地をカット
していきます。

20:レース下カット

縫って、切ってと効率が悪そうですが、
その方が完成が近づいているのが目に見えてわかるのでおすすめです。

21:レースカット

レースの縫い付けと裾のカットの終了。

22:櫛付

次に櫛をつけていきますが、まずは櫛をつける位置を決まるため
ベールを縦に中心から曲げます。

23:櫛付

今回は縦が1.3m程なので大体60cm:70cmくらいになるように
更にベールを曲げます。

24:櫛付

ちょうど、この部分が中心になるように印を入れます。

25:櫛付

先ほど印を入れたところを1cmほど摘みます。

26:櫛付

摘んだところにバイヤスをつけて、まち針で留めます。

27:櫛付

バイヤスを縫い付けます。

28:櫛付

櫛をこんな感じで付けていきます。

この際、ベールの短いほうが前になるように
縫い付ける方向は気をつけてください。

29:櫛付

縫い付ける際はこういう感じですくいながら縫ってください。

30:櫛付

櫛を付け終わるとこんな感じになります。

31:完成

完成!

32:イメージ

33:イメージ

モデルが居ないのが大変申し訳ないですが、こんな感じになります。

今回のベールはショート丈になるので、
チャペルで使われると質素に見えてしまうかもしれませんが
披露宴・2次会・カジュアルウエディングなどで使われる場合は
とても可愛く花嫁さんを彩ってくれると思います。

是非挑戦してみてくださいねb




スポンサードリンク


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

コメントを残す

サブコンテンツ