プラバンの作り方!色鉛筆着色のかわいいピアス♪

色鉛筆塗りのプラバン作ってみました!

30:完成

プラバンはマジックで色をつけてオーブンで焼く
というのが一般的ですが、
今回は我が家のマジックが切れてしまったので色鉛筆で着色します!

小学校のころにおせわになったきり
あまり使う事がなくなりましたが、
素朴な色合いでなつかしくなりますね^^

気づいたら一本なくなったりしちゃいますがw

それはまぁいいとして、
早速材料からみていきましょう!



スポンサーリンク

〜材料・道具〜

・プラバン(100円ショップで購入できます)

1:プラパン(ダイソー)

・パーツ各種(9ピン×4、丸カン(直径5mm)×4、丸カン(直径3mm)×2、ピアスフック×2)
・UVレジン
・ヤットコ
・刷毛
・竹串

2-2:パーツ

2:材料

・アルミホイル
・クッキングシート
・ハンドサンダー(紙やすり240番)
・UVライト
・割り箸

3:材料

・色鉛筆
・パンチ
・鋏

4:材料

・オーブントースター

5:オーブン

プラバン作る際にオーブンですが、オーブンレンジではなく、
オーブントースターを使われることを勧めます。

理由としては、すぐに設定温度に達するので早く焼くことができます

色鉛筆塗りのプラバンピアスの作り方

6:ヤスリかけ

まずはプラバンにヤスリを使って傷をつけていきます!

7:ヤスリかけ

こんな風に一方向に絞って傷をつけます。

この際にの注意点は、全体が白くなるよう満遍なくヤスリがけをして貰うことと
いろんな方向にヤスリをかけないことです。

8:模様

ヤスリがけが終わったら一旦表面を綺麗に拭いてから模様を書いて行きます

今回はフラッグ型にしたいので平行に線を引いた後、▼▲を交互に書いきます。

9:模様

次に白線を書きます。

この際、黒の先に掛からないように線を書いてください。

10:模様

格子模様になるように縦にも白線を書きます。

11:着色

チェック柄になるように4枠ずつ交互に塗ります。

12:着色

全部塗るとこんな感じになります。

13:カット

不要な部分を鋏でカットします。

14:カット

黒線にそって▼▲をそれぞれにカットしていきます。

15:パンチ

パンチで穴を開けます。

16:パンチ

このような感じで▼の角2箇所に穴をおけます。

この際あまりギリギリで開けず、
2mm程は端から余裕を持たせてください

ギリギリになるとプラバンが割れてしまいます。

17:オーブン

いよいよオーブンで焼きます。

その前に180度ほどまで温めて、クッキングシートを敷きます。

18:オーブン

クッキングシートの上に1枚ずつ置いて焼きます。

この時に同時に数枚焼こうとすると取り出す際にドタバタをして、
焼き過ぎたりすることがあるので必ず1枚ずつ焼きましょう。

すぐ焼けてしまうので、焼いてる最中の写真が準備できず申し訳有りませんが、
グニャッと形が変形した後に必ず平らに戻ります

平らになったら、オーブンから取り出して冷やします。

若干反っていることがあるので
辞書のような分厚い本に挟むと反りがなくなります。

19:焼き

焼くとこのくらい縮みます。

20:焼き

全部焼いてしまいます。

21:失敗

これは失敗例です。

クッキングシートを敷き忘れたり、アルミホイルの上で焼くと
引っ付いてしまうことが多々あります。

必ずクッキングシートを使うようにしてください。

22:レジンコーティング

レジンでコーティングします。

23:レジン

傷をつけて着色した面にレジンを塗ります。

24:レジン

UVライトにあてて、30秒ほど待ちます。

25:コーティング後

コーティング終わりました。

26:丸カン

丸カンで3つずつ▼を結合します。

この時にグラグラと不安定な場合は
プラバンが重なる部分に少しレジンを着けて固めると安定します。

27:9ピン

9ピンを▼▼▼着けます。

28:9ピン

9ピンはヤットコで先を丸めます。

29:結合

▼▼▼に着けた9ピンの先とフックピアスを小さめの丸カンで結合します。

30:完成

できあがり!!

31:完成

他のアレンジ方法として、サイドにチェーンを着けて
ネックレスやブレスレットにするのも可愛いと思います。




スポンサードリンク


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

コメントを残す

サブコンテンツ