布の手作りガーランド!フラッグ付きの作り方♪

今回はフラッグが付いたうさぎの布製ガーランドを作ってみました!

usaGtop

布のはぎれで作れますので、
着れなくなったブラウスなど活用できますよ♪

作りかたは簡単

子どもと一緒に作るのにもちょうどいいと思います。

小窓に、本棚に、子供の部屋に、
飾ってみるといいアクセントになりますし。
ちょっとしたプレゼントにも最適です(^o^)

作ってみたいなと思ったら、
まずは次の章で材料の確認からしていきましょう~。



スポンサーリンク

使用する材料、道具

usaG1

  • 布 11cm×16cm 3枚
  • 型紙 型紙画像は下方に掲載してあります。
  • わた うさぎ 3匹分  両手のひらに乗るくらいでじゅうぶんです。
  • 縫い糸 布地に合わせた物をご用意ください。
  • たこ糸 50cm 1本
  • 刺繍糸 うさぎの目と口、三角のフラッグを取り付ける時に使うので布地より目立つ色を選んで下さい。
  • 毛糸針
  • 縫い針
  • 待ち針
  • ピンセット 布地を表返す時、わたを入れる時に使います。
  • 鉛筆
  • はさみ
  • リボン 3mm×10cm 3本


・型紙画像

usaGpat

ガーランドの作り方

1.布に型紙を写す

usaG2

布地を横半分に折って、
型紙を中央に動かないように置いて印を付けます。

顔に目と口を書きます。

目は顔の中央から気持ち下に書くとかわいくなりますよ♪

2.顔を刺繍する

usaG3

刺繍糸(一本取りで二重)を印を付けた目に刺して、
表に返す針に糸を5回巻いて玉止めを作り、刺した穴の2ミリほど上へ刺し戻す。

usaG4

続けて口はバツ印に刺繍し、最後に残りの目を作ります。

最初と最後は玉止めでほつれないようにして下さい。

3.縫い付ける

usaG5

表を内側に戻して、ずれないように待ち針で止めます。

usaG6

表に返すための穴を残して印の上を縫います。

(画像の「開ける」と書いているところは縫わないでね)

手縫いでもミシンでもかまいません。

4.切る

usaG7

縫い目の4mm外側を切り落とします。

耳の中央、首、脇、股など、縫い糸を切らないように、
くぼんだところに切り込みを入れます。

耳や手足の先も何カ所か切り込みを入れると出来上がりが奇麗です。

また、切り落とした布は使いますので捨てないで下さい。

5.表に返す

usaG8

今回最も難しい作業になります。

ピンセットでつまみ出したり、毛糸ばりの後ろで押し出したり、
やけにならずに少しずつ破かないように縫い目が見えるくらいまで奇麗に返して下さい。

usaG9

はい、表返しです。

6.形にする

usaG10

リボンを結びます。

usaG11

リボンを口の下方に縫い糸を使って縫い付けます。

次に、綿を入れるのですが、
ピンセットにグルッと巻いて耳と手足に入れるとうまく入ります。

綿は全体にふんわり詰めて下さい。

usaG12

脇を縫い閉じます。縫い糸で一重で大丈夫です。

usaG13

切り落とした中心部分の端切れの大きい方は三角に、
小さい方は丸く切ります。

三角はあとでフラッグになります。


丸く切ったものの3、4mm内側をぐし縫いします。

ほんの少しわたを入れ、糸を引っ張りながら
内側に布の端を入れこむように絞ります。

はずれないように縫いとめます。

usaG14

出来たしっぽを、おしりに縫いとめます。

usaG15

3匹同じように作ります。

7.つなげる

usaG16

たこ糸を毛糸針に通します。

順番に、うさぎの手の先から反対の手の先へ、たこ糸を通します。

usaG17

次に三角フラッグをたこ糸に付けます

まず、三角に切った布の上方を少し折りまげ、
玉止めをした刺繍糸を刺します。

そのあと、たこ糸を一周させて、
刺したところと同じ所にもう一度刺し、
はじめに刺した方と逆側に針を出します。

そこで玉止めをして、
そのまま針を同じ穴に戻して裏側で糸を切ると付きます!

usaG18

三角フラッグも3つ付けて完成です!

最後に

いかがでしたか?

同じように作っても、
ちょっとした縫い方で表情が変わってきます。

このうさぎの良いところはキッチリ縫えなくても
可愛い
個性になってくれるところですね。

今回はタレ目の表情にしようと思い、少し内側に針を差し戻したのですが、
若干、困った表情になってしまいました。

細かい作業が苦手な方は、大きめに作って下さい

表返すのが楽になると思いますので^^




スポンサードリンク


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

コメントを残す

サブコンテンツ