小さいハート型ミサンガの編み方!初心者でも簡単♪

今回は小さいハート型ミサンガの編み方を
ご紹介したいと思います!

完成2

この作品、ものすごく簡単で初心者でも簡単に作れます!

ただ、簡単な作品ほど誤魔化しがきかないのが難しいところで(笑)

制作時間も短くて思い立った時にすぐ作れるので
ぜひ挑戦してみてください。

難易度:★★☆☆☆
制作時間:45分


スポンサーリンク

材料

  • コスモ刺しゅう糸25番 ラベンダー(2663) 80cm×4本
  • コスモ刺しゅう糸25番 ゴールド(771)  90cm×2本
  • 裁縫用ハサミ
  • メジャー
  • テープ

作り方

(1)

画像1

刺しゅう糸の端を1cm残してひと結びし、
三つ編みを5cmほどしてもう一度ひと結びします。

(2)

画像2

刺しゅう糸をラベンダー→ゴールド→ラベンダー→ラベンダー→
ゴールド→ラベンダーの順に並べます。それぞれA→Fとします。

(3)

画像3

はじめは中央のラベンダー同士を結びます。

Cを芯糸にして右手に持ち、
左手に持ったDを画像のように結びます。

画像4

画像のようにもう一度結んで結び目がひとつ完成です。
 
(4)

画像5

同様に、Bを芯糸にしてDを、
Aを芯糸にしてDの糸で(3)と同じ結び方をします。

画像は2番目の結び目を作っているところです。

(5)

画像6

次に、Eを芯糸にしてCの糸を、Fを芯糸にしてCの糸を
画像6のように結んでいきます。

画像は4番目の結び目を作っているところです。

(6)

画像7

ゴールド同士の糸を結びます。

Bを芯糸にしてEの糸で結びます。

(7)

画像8

ハートの外枠上部を作ります。

Eを芯糸にしてAの糸を、
Bを芯糸にしてFの糸を結びます。

画像は8番目の結び目を作っているところです。

(8)

画像9

Aを芯糸にしてFの糸で結びます。

(9)

画像10

ハートの中身を作っていきます。

Fを芯糸にしてEの糸を、
Bを芯糸にしてAの糸を、
Eを芯糸にしてBの糸を結びます。

画像10は、10番目の結び目を作っているところです。

(10)

画像11

ハートの外枠下部を作ります。

画像の記号図を参考に、
芯糸を変えながら結んでいきましょう。

両端の結び目(ここでいう13番目と15番目)は、
少しきつめに結ぶときれいな形のハートに仕上がります!

(11)

画像12

ハートが一つできました!

(9)~(10)を繰り返して、
ハートを28個作っていきます。

(12)

ハートが14個できました。

ここまで来ると慣れてきて作業ペースが上がりますよ。

(13)

画像13

ハートが28個できたら、全部の刺しゅう糸をまとめてひと結びし、
5cmほど三つ編みしてもうひと結び。

1cm残して余った糸をカットして完成です。

完成1

最後に

いかがでしたか?

難しそうなのは始めだけで、ハート自体はゴールドで3目、
その次にラベンダーで5目結ぶという作業を繰り返してできていきます。

使用する糸の長さも長くないので、
余った刺しゅう糸で作ってもいいですね。

ちなみに、以前作ったハートのミサンガと一緒につけたら
とても可愛い仕上がりになりました♪

完成3

皆さんもぜひ作ってみてくださいね!


参考にした書籍

編集人 森岡圭介
出版年 2015年5月19日発行
書名 刺しゅう糸でかんたん はじめて作るミサンガ
出版社 日本ヴォーグ社
総ページ数 60ページ




スポンサードリンク


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

コメントを残す

サブコンテンツ