チェック柄ミサンガの編み方!オシャレでかわいい♪

今回は何にでも合う定番の
チェック柄ミサンガを編んでみました!

画像1

はじめて本でこのデザインを見つけた時
「かわいい!絶対作りたい」と思いました!

いざ作り始めると、ミサンガ作りを始めて間もない頃だったこともあり、
見事に挫折…。

その時の失敗作は戒めの意味も込めて、
実は今でも保管しています(もちろんお見せできませんが…)。

結ぶ力を一定に、なおかつ結び方を間違えないように
つくるのがポイントですね。

ミサンガ作りにある程度慣れてきたら
トライしてみましょう♪

難易度:★★★☆☆
所要時間:2時間半〜3時間


スポンサーリンク

ミサンガの材料

  • コスモ刺しゅう糸25番 こげ茶(312)  100cm×3本、260cm×1本
  • コスモ刺しゅう糸25番 ベージュ(306) 100cm×4本
  • コスモ刺しゅう糸25番 薄ピンク(353) 100cm×1本
  • コスモ刺しゅう糸25番 クリーム(1000) 100cm×1本
  • テープ
  • 裁縫用ハサミ
  • メジャー

チェック柄ミサンガの編み方!

(1)

画像1

刺しゅう糸の端を1cm残してひと結びし、三つ編みを6cmほどして
もう一度ひと結びします。

(2)

画像2

刺しゅう糸を左から
こげ茶(260cm)→こげ茶→クリーム→こげ茶→ベージュ→ベージュ→薄ピンク→ベージュ→ベージュ→こげ茶

の順に並べます。それぞれA〜Jとします。

Aの糸は長いので扱いやすいようにまとめておきましょう。

(3)

画像3

右手に持ったAを芯糸にして
Bの糸を画像のように結びます。

これをもう一度繰り返して1目の完成。

(5)

画像4

同様に、結ぶ糸を変えながらC〜Jも結んでいきます。

(6)

画像6

1段目ができました。

(7)

画像7

2段目も芯糸はAになります。

Aを左手に持ち、画像のように、
Jを下からひっかけるようにして結びます。

(8)

画像8

これをもう一度繰り返し、1目完成です。

(9)

同様にI→Bも結んでいきます。

(10)

2段目ができたら、3段目を作ります。
(3)〜(5)と同じ過程です。

(11)

画像9

4段目と6段目だけ、B〜Jが芯糸になります。

Jを芯糸にして右手に持ち、
左手に持ったAを画像のように結びます。

画像10

もう一度結んで1目の完成です。

(12)

同様にI→Bの順に結んでいきましょう。

(13)

画像11

1模様できました。

10模様分作っていきます!

(14)

画像12

5模様できました。あと半分です!

(15)

10模様できたら、全部の刺しゅう糸でひと結びして、
三つ編みを6cmほどしてさらにもうひと結び。

1cm残して余った糸をカットして完成です。

最後に

ちょっとばかし色の事で、、

画像のミサンガの薄ピンクの刺しゅう糸は、
353番よりも薄い35番2を使用しています。

でも、結んでいくうちに「ちょっと薄すぎるかな?」と思い、
材料では353番と書きました。

352番少し濃いめのピンクです。

ピンクの存在感が出てより一層可愛くできると思いますよ!


さて、いかがでしたか?

今回の結び方はななめに結んでいく方法より
時間がかかるんですよね^^;

それでいて結ぶ力を一定にしないと
ミサンガの太さが変わってきてしまう
のが
この結び方の難しいところです。

ある程度ミサンガ作りに慣れてきたら、
ぜひチャレンジしてみてください!

ではでは、最後まで閲覧していただきありがとうございました!


参考にした書籍

編集人 小林和雄
出版年 2007年5月30日初版
書名 刺しゅう糸でつくるはじめてのミサンガ
出版社 日本ヴォーグ社
総ページ数 60ページ




スポンサードリンク


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

コメントを残す

サブコンテンツ