上履き入れの作り方!初心者でも簡単♪

今回はレース付きの上履き入れの作り方
ご紹介したいと思います!

IMG_0030.JPG

型紙がないので、初心者でも簡単に制作ができなおかつ可愛いく、
女の子らしくしてみました♪

所要時間は1時間くらいで出来るかと思います。

まぁ、前置きはこれぐらいにして、
今回もさっそく材料から見ていきましょう!

スポンサーリンク

上履き入れの材料や道具

1

  • 表布A①② キャラクター生地…30×50cm(1枚)
  • 表布B  シーチング無地…20×25cm(1枚)
  • 裏布  シーチング無地…60×25cm(1枚)
  • レース  2cm幅レース…30cm
  • アクリルテープ 2.5cm幅…40cm(1本)
  • Dカン  内径2.5cm…1個
  • デコ用リボン…1〜2個


2

  • ミシン
  • 裁断バサミ
  • 糸切りバサミ
  • 縫い針
  • まち針
  • 刺子
  • 縫い糸
  • チャコペン
  • チャコペーパー
  • ルレット
  • ボンド
  • グルーガン
  • アイロン
  • アイロン台
  • 定規(あれば50cm定規)


上履き入れの作り方

1、下準備

4

まずは下準備から、布をアイロンで
一方方向に中温くらいでアイロンをかけて折り目やしわを取る。

アイロンは、必ず一方方向にかける事、
服をアイロンがけするみたいに左右にごしごしやると布がゆがみます。

5

次にアクリルテープを32cmと7cmの二つに切ります。

6

切り終わったら端をボンドでほつれないようにとめます。

2、布を裁断します

7

まずは、表布A①から裁断していきます。

布を裏返しにしてチャコペンで画像のように

  • 裁断線(赤線)縦19cm×横24cm
  • 出来上がり線(青線)裁断線より内側1cm

のところに書きこみ裁断線に沿って切ります。

8

次に表布A②を裁断していきます。

布を裏返しにしてチャコペンで画像のように

  • 裁断線(赤線)縦30cm×横24cm
  • 出来上がり線(青線)裁断線より内側1cm

のところに書きこみ裁断線に沿って切ります。 

9

次に表布Bの裁断です。

先ほどと同じように画像を見ながら、

  • 裁断線(赤線)縦13cm×横24cm
  • 出来上がり線(青線)裁断線より内側1cm

のところに書きこみ裁断線に沿って切ります。

10

最後に裏布です。

布を中表に重ねマチ針で留め、画像を見ながら

  • 裁断線(赤線)縦29cm×横24cm
  • 出来上がり線(青線)裁断線より内側1cm

のところに書きこみ裁断線に沿って切ります。

裏側はチャコペーパーとルレットでしるしを付けていきます。

3、本体を作っていきます

11

表布A①とBを縫い合わせていきます。

マチ針でとめていくときに
レースも画像のように一緒にとめていきます。

12

レースがぐちゃぐちゃにならないように
マチ針でとめ、ミシンで縫います。

13

縫い終わったら、縫い代をアイロンで割ります。

このときレースは表布B側に倒します。

14

次に、先ほど縫った表布と
表布A②の底を合わせて縫っていきます。

画像のように中表になるようにマチ針でとめていき、
ミシンで縫います。
       
15

本体の表に持ち手を中表に合わせて、
中心に合わせて端から0.5㎝のところをミシンで仮縫いする。       

16

反対側にはDカンを通してから
先ほどと同じように仮縫いしておきます。

17

両方付けたところ。

18

本体を広げ本体と裏地布を中表に合わせてマチ針でとめ、
袋口をミシンで縫います。

マチ針でとめるときは線と線を合わせるようにマチ針でとめます。

19

袋口を縫ったところ。

20

袋状にしてから袋口を合わせマチ針でとめて、
両脇をミシンで縫います。

その際、片方の脇は返し口を10㎝ほどあけて縫ってください。

21

両脇を縫ったところ。 

22

表に返して返し口を手縫い針でまつり縫いでとめる。

23

裏布を本体の中に入れ表から袋口0.3㎝の辺りを
マチ針でとめミシンで縫いとめます。

24

最後にグルーガンでデコ用リボンを好きな所に貼り付けます。

IMG_0030.JPG

完成です!

4.最後に

いかがでしたか?

一番苦戦するのは今回も袋口を縫う所かもしれません。

分厚くなるので…ゆっくり、あせらず縫ってください!

もし、厚すぎてミシンが進まない時は
手動で回して針を進めて縫ってみるといい
かも。

飾りは今回レースとリボンだけでしたが、
飾りボタンを付けたり、
フェルトでお子さんと一緒にリボンを作って付けてみたり、
自分だけのバックをデコってみるのも面白いかもしれません。



ちなみに、今回は薄い布で作りましたが、
キルト生地でも大丈夫です。

薄い布でももう少ししっかりさせたいのであれば
接着芯を付けて縫ってみてくださいb

簡単でかわいいので是非挑戦してみてね!




スポンサードリンク


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

コメントを残す

サブコンテンツ