レース付きランチョンマットの作り方!

今回はレース付きランチョンマットの
作り方をご紹介したいと思います!

22

型紙がないので、初心者でも簡単に制作ができます。
レース付きでかわいらしくしてみました。

難易度は簡単です。

所要時間は30分くらいで出来るかと思います。


スポンサーリンク

ランチョンマットの材料と道具は?

1

  • 表布A キャラクター生地…25×45cm(1枚)
  • 表布B シーチング無地…15×45cm(1枚)
  • 裏布  シーチング無地…35×45cm(1枚)
  • レース 2cm幅レース…40cm


2

3

  • ミシン
  • 裁断バサミ
  • 糸切りバサミ
  • まち針
  • 刺子
  • 縫い糸
  • チャコペン
  • アイロン
  • アイロン台
  • 定規(あれば50cm定規)


ランチョンマットの作り方は?

1、下準備

4

まずは中温くらいでアイロンをかけて
折り目やしわを取りましょう!

アイロンは、必ず一方方向にかける事。

服をアイロンがけするみたいに
左右にごしごしやると布がゆがみます。

2、布を裁断します

5

まずは、表布Aから裁断していきます。

布を裏返しにしてチャコペンで画像のように
裁断線(赤線)縦22cm×横40cmを書き込んで、裁断します。

出来上がり線(青線)は、
裁断線より内側1cm
のところに書きこみましょう。

6

次に表布Bです。

先ほどと同様に布を裏返しにして、
チャコペンで画像のように裁断線(赤線)縦10cm×横40cm
を書き込んで、裁断します。

出来上がり線(青線)は先ほどと同じように
裁断線より内側1cmのところに書きこみます。

7

次に裏布です。

画像のように、布を裏返しにして裁断線(赤線)縦30cm×横40cm
出来上がり線(青線)裁断線より内側1cmのところに書きこみ、
その後裁断線に沿って切ります。

3、本体を作っていきます

8

表布AとBを縫い合わせていきます。

マチ針でとめていくときに
レースも画像のように一緒にとめていきます。

9

レースがぐちゃぐちゃにならないようにマチ針でとめ、
ミシンで縫います。

10

縫ったところ

11

縫い終わったら、縫い代をアイロンで割ります。

このときレースは表布B側に倒します。

12

画像のように綺麗に割るように
ゆっくりとアイロン
をかけてください。

13

表に返してレース部分、大体割ったところから0.2mm辺りを
ミシンでステッチをかけます。

14

縫ったところ。

15

次に、表布と裏布を合わせて縫っていきます。

画像のように中表になるようにマチ針でとめていきます。

16

左右どちらかに、返し口約15cm部分は縫わないように
マチ針でしるしをつけ、ミシンで縫います。

返し縫いはしっかりと付けてください。

17

縫い終わったら、
画像のように角をハサミで切って始末します。

これをやらないと表に返した時に角が綺麗に出ないのと、
ごわごわしてしまいます。

始末し終わったら返し口から表にひっくり返します。

18

角がうまく出ないときは
マチ針や目打ち等で丁寧に引っ張りだします。

19

ひっくり返したら返し口の縫い代を中に入れながら
アイロンで押さえていきます。

20

押さえたら端から0.2mm辺りを
ミシンで縫っていきます。

ここは見える部分なので丁寧に縫ってください。

21

縫い終わったら完成です。

22

晩御飯の時に使ってみました^^

娘にあげたところ大喜びで、
普段おかずなんてあんまり食べないのにもりもり食べてくれました♪

4.最後に

【気を付ける所】

レースを倒して縫う所!

雑にやってしまうと可愛くなくなっちゃいますのでご注意を!

【布について】

今回は普通の布で作りましたが、
表布はラミネート加工の布にすると汚れをはじいてくれるので、
小さいお子様はラミネート加工の布がお勧めです。

ちなみに大人サイズは子供サイズに縦・横+5cm〜10cmくらい
数字を増やして作るとちょうどいいかと思います。



全部直線縫いで困っちゃうくらい簡単なので
是非作ってみてくださいねb




スポンサードリンク


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

コメントを残す

サブコンテンツ