フェルトでクマのぬいぐるみ!型紙ありの作り方!後編

この記事はクマのぬいぐるみ作成の
後編になります。

まだ前編を見ていない方は
そちらからご覧ください。

フェルトでクマのぬいぐるみ!型紙ありの作り方!前編



前回頭が作れた方は
早速続きをば!

フェルトくまのぬいぐるみの作り方は?〜体のつくりかた〜

bear29

体編です!

返し口を残して、一周返し縫いします。

bear30

ひっくり返して綿を詰めます。

縫い代部分は中に押し込んで、
穴があいたようにしておきます。

bear31

頭を体に差し込みます。

bear32

頭と体をまつり縫いで接合します!

縫いにくいときは、はじめに荒く1周縫っておいて、
2周めに細かく縫う
としっかり付きますよb

bear33

しっかりとくっつきましたね^^

まだ虫みたいなので、
手足をつけてあげましょう。

bear34

手を作ります。

2枚を中表に合わせ、
返し口を残して返し縫いします。

ひっくり返して、しっかり綿を詰めましょう。

bear35

足を作ります。

底は最後に付けるので、よけておきます。

2枚を中表に合わせ、返し口を残し、
返し縫いをします。

bear36

角に5㎜幅くらいの切り込みを入れておきます。

bear37

足底を付けます。

足先とかかとの合印をあわせながら、
細かく返し縫いします。

ズレやすいので、
度々チェックしながら縫い進めてください。

足底布に軽くギャザーを寄せる感じで
縫っていくとうまくいきます。

bear38

返し口からひっくり返し、綿をしっかり詰めます。

bear39

くまさんのパーツが揃いました。

ここだけ見るとなんだかシュールな感じですが、
ちゃんとかわいくなるのでご安心を^^

bear40

足を付けます。

画像のように、足-体-足を5〜6回貫通させて、
しっかりとめます。

bear41

最後に、強めに糸を引いて玉どめします。

ブラブラしやすいので、フェルトがちょっと凹むくらい、
しっかりととめておいたほうが良い
です。

bear42

足と同じように、手を付けます。

bear43

完成です!

パステルカラーの、可愛いくまさんになりました。

★おまけ★ リボンを付けます♪

bear44+

少し胸元が寂しく感じるので、
胸にリボンをつけてあげましょう!

10㎝×4cm本体と、
2.5㎝×4cm中心布を用意します。

bear45

本体の布の上下を折ります。

bear46

左右も中心に向かって、少し重ねて折ります。

bear47

図のようにリボンの形にしわを寄せ、
簡単に縫いとめておきます。

bear48

三つ折にした中心布を巻き、
後ろ側でまつり縫いします。

bear49

中心布にひも(画像のはレース糸)を通し、
くまさんの首に巻きます。

bear50

首の後ろで、ちょうちょ結びにします。

bear51

蝶ネクタイ風に、ドレスアップできました。

bear52

ついに!

春色くまさんの、出来上がりです♪

蝶ネクタイは取り外せるので、
ネックレスや肩掛けバッグなどを作って、
着せ替え風に遊んでも楽しいですね^^


作成大変だったかと思いますが、
ここまでご覧頂きありがとうございました!

すてきな熊さんが出来上がってたらいいなぁ^^


※下記の本を参考に、アレンジしました。

「ぬいぐるみスタイル」(雑誌)
P.47 Happy Baby Bear(Hiromi Shimada)
出版年 2005年
出版社 GAKKEN
総ページ数 138ページ




スポンサードリンク


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

コメントを残す

サブコンテンツ